2013年9月21日 (土)

砦なき者

20130914_6かなり久々の読書砦なき者』。いろいろあったので、なぜかこれを読んでみたくなった。

2004/4/2(金)21時テレビ朝日開局45周年記念ドラマスペシャルドラマ。原作者の野沢尚さんが自ら脚本。ダイオキシン報道問題等で終了した『ニュースステーション』のつなぎ的ドラマとも言われているようですが、なかなか面白く良いドラマでした。展開も人気ニュース番組『ナイン・トゥ・テン』を中心にえがかれていて報道の在り方もテーマとしているようです。
長坂文雄役:役所広司さん、逢沢瑤子役:鈴木京香さん、八尋樹一郎役:妻夫木聡さん、他 キャストも凄かった。
終盤の鈴木京香さんの演技が特に良かった。これは原作とは大きく違っていましたが、原作者が脚本ですから、原作でも本当はこうしたかったのではないかなと思わせる八尋氏のトランクでの携帯電話の下り。ドラマも原作も良かったです。

「第一章 1997 殺されたい女」・「第二章 1998 独占インタビュー」は序章ですがこれも1つの短編としても十分面白い。しかもしっかりと伏線が敷かれています。この2章はドラマでは無かったかな。最初は同名の違う小説かと思えるくらいでした。

「第三章 1999 降臨」 いよいよ本番です。
細かい描写は流石原作なのですが、やっぱり終盤/長坂さんの最後が物足りない。ドラマを見たときには裏にあった長坂さんの覚悟というか、ジャーナリストとしての失敗の責任をどうとるのか、プロ根性が故の自分のミスへの自分自身への制裁の意味が込められていたように感じました。いかにはめられたとはいえ、ジャーナリストとして犯してはいけないミスを犯した自分自身への罰。自分と重ねてしまった(^_^;)

「第四章 2001 Fの戒律」 ドラマを見ていなければこれはこれでなかなかの終わり方。こちらの方がまだリアリティーはあったかな?

面白くもあったし、いろいろ深く考えさせてくれましたが、よく考えるとありえなさすぎる点/突っ込みどころは満載。いくらなんでもそう簡単にあんな事件がそんなにばれないはずがない。ま、小説ですから、面白かったし、そこそこは論理的につながっているし、総合的には大満足。
自分自身を見つめなおすいいきっかけにもなりました。

| | コメント (0)

2013年4月 6日 (土)

もやしもん第12巻

やっと出ました第12巻2013.4/5発売。「もやしもん第9巻2010.7/6発売」の記事以来、第10巻2011.3/25発売,第11巻2012.3/23発売は記事にするの忘れていました(^_^;)
20130406_m_15
基本おまけ付限定品を購入。でも1年に1回しか出ないので内容を忘れちゃう。少し前のから読まないと話がつながらない(^_^;)

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

謎解きはディナーのあとで3

1301132012年12月17発行でしたが図書館派、やっと順番が回ってきて読めました。

謎解きはディナーのあとでの続編。『まさか風祭警部が・・・』と思いましたが、そこは上手く逃げられてしまっていました(笑)
そっちの方が良かったけど。まだまだ続きそうな予感!!

第一話 犯人に毒を与えないでください
第二話 この川で溺れないでください
第三話 怪盗からの挑戦状でございます
第四話 殺人には自転車をご利用ください
第五話 彼女は何を奪われたのでございますか
第六話 さよならはディナーのあとで

今までとは書き方の時系列がちょっと違ったり、風祭警部ではなく御神本光一探偵なんかも出てくるのが有ったり、結構面白かったです。

最後は、風祭警部が 警視庁本庁にご栄転の話。ま、これも『謎解きはディナーのあとで4』とか出たらしょっぱなで上手く処理されているのかな??

で、最後の最後、麗子お嬢様と執事の影山との会話。

「いいわね。あなたはずっとわたしの執事でいなさい。-約束よ、影山」
「はい。いつまでも御傍にお仕えいたしますよ、お嬢様」

こういう終わりかた、大好きです。続きが楽しみ(^o^)丿

| | コメント (0)

2012年12月24日 (月)

禁断の魔術

20121224 東野圭吾さんの最新作『禁断の魔術』ガリレオ8
久々の読書;東野圭吾さん。

第一章 透視す みとおす 63ページ
第二章 曲球る まがる  46ページ
第三章 念波る おくる  50ページ
第四章 猛射る うつ  155ページ
2012.10/15発行 文芸春秋 書下ろし

第一章 透視す,第二章 曲球る は事件は意外に早く解決してその後は若干“新参者;加賀刑事”っぽさも。継母や奥様の思いが分かりほろりとするいい話。第四章 猛射るは流石は東野さん、これは読みごたえがあった。湯川さんのような技術者にはあこがれる!
ま、読み終えてしばらくすると若干突っ込みどころがあるようにも思いますが、やはりうまく書けています。流石エンジニアから転職した作家さん。

第三章 “念波る”は流石の推理小説というだけではなく p.142には『脳磁計』とか『超電導材』とか『液体ヘリウム』なんて出てくる。
原子番号41の金属元素Nbニオブ線は液体ヘリウムの沸点4.2Kで超電導状態に十分なり、磁束のピックアップコイルとして用いて、SQUIDと超電導接続して微弱な磁束密度測定を行う。これを応用したのが『脳磁計』。ちなみにSQUID(Superconducting QUantum Interference Device 超伝導量子干渉素子)とはジョセフソン接合を用いた素子で微小な磁場を測定するのに使用される磁気センサのこと。
Squid

この時期、東野さんの小説を読んでいて、こういう話が出てくるというのも。。。。
神様からのご指示かな? 有効に利用させてもらって、従ってみますか(^_^;)

多分73冊 完読継続中!

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

虚像の道化師

20120903__1 東野圭吾さんの最新作『虚像の道化師』ガリレオ7
かなり久々の東野圭吾さん。
第一章 幻惑す (まどわす)
第二章 心聴る (きこえる)
第三章 偽装う (よそおう)
第四章 演技る (えんじる)

第一・二章は トリックに使われた機器は、最初に考えたものと大体合っていた。プチ嬉しい。でも、二章の最後『作者注』には笑えたというか、こういうことを書かなくてはいけないのかと思うと。。。。。。

第三・四章はサスペンス*的に書かれていて、実はミステリー*的に書かれている内容。
共にこの人は殺人犯人では無いということは何となくわかったが、真相がそうだとは。。
三章は最後がほろりとくる、好きな終わり方。この優しさが好き!
四章はちょっと突っ込みたくなる点が何点か気になった。
1枚目の写真の時間が書かれていないし、携帯電話のアドレス帳を削除するくらいなのだから既に撮影してある画像だって確認するはずだし、何より警察の検視/解剖で傷口から凶器が少なくてもナイフでないことは容易に分かるはず。。。

ま、そういうことを差し置いてもとっても面白い小説です。

流石 東野さん!!! 多分72冊 完読継続中!

*いろいろな見解があるようですがここでは サスペンス「犯人が初めから分かっている」、ミステリー「事件解決で犯人がやっと分かる」としました。実際の分類は違いようですが。

| | コメント (0)

2012年7月18日 (水)

スペック零

20120621”を読んだので今度は『零』

TVドラマでやった以前を小説化したもの。

純粋に面白かった。結構はまって読んでしまった。当麻紗綾さんと一十一との対決もなかなか。

でも、地居聖のイメージが違ったし、TVでの強かさが無いように思えた。
また、一十一がこの段階で当麻紗綾さんにあそこまで殺意を抱いたとしてTVの初期の対応が納得できないというか整合性が今一。

| | コメント (0)

2012年6月19日 (火)

ナミヤ雑貨店の奇蹟

20120618かなり久々の東野圭吾さん。
第一章 回答は牛乳箱に
第二章 夜更けにハーモニカを
第三章 シビックで朝まで
第四章 黙祷はビートルズで
第五章 空の上から祈りを

Kadokaa

いや~! まさしく「こんな小説、読んだことない-」
短編に見えますが、しっかりつながっています。タイムパラドックスの処理も上手い!
皆月暁子さんが空の上から見守ったことと考えるのもいいかもしれません。そして浪矢の爺さんが、。。。そういうことだったんですね。

出だしはちょっととっつきにくいかもしれませんが、読み進めると、何よりいい話です!

ここに出てくる人たちに比べれば大したことはありませんが、私も今後の仕事の進め方で決断が難しい状態にあったからかもしれませんが、深く感銘。
私も「ナミヤ雑貨店」に相談事を書いてみることにします。そして自分で回答を書いて、それを元に自分で答えを出して切り開いていこうと思うようになりました。

流石 東野さん!!!    71冊完読!

| | コメント (0)

2012年6月 3日 (日)

硝子のハンマー

_3鍵のかかった部屋』,『狐火の家』とさかのぼって読み進めて、『硝子のハンマー』 いや~凄かった! 最初に読むべきだった。流石『青の炎』の作者。
そういえば映画化された青の炎は嵐の二宮さん、ドラマの鍵のかかった部屋は嵐の大野さんというのも面白い。

Ⅰ見えない殺人者 は、完全なフェイク。完全に騙されました。あらゆるものが読者を騙していると言えなくない。
出だしは怪しい警備員。3人の秘書に、副社長と専務。りすに猿に防犯カメラ、はいはいはい。

ところが Ⅱ死のコンビネーション でいきなり犯人と思しき氏名から始まる。でも初めて出てくる名前?? 回顧録とも言えなくない。 え~!!!
Ⅰは警備員目線、秘書目線等で事件を客観的に描いてすぐさま主人公 榎本さん/青砥さん目線で事件を解明しようとする目線。それがⅡでは急に犯人目線。犯人に感情移入してしまうほど、榎本さんと同じで殺人は絶対にだめだけど、防衛とそのための盗みは成功させてあげたくなるというか、なんとか逃げとうさせてあげたくなる;警察からではなくもっと特殊な人たちから。

犯行部分の記述は、会話部分はⅠと同じに書いてあるが目線が違うと意味合いがこんなにも変わるのか状態、これは面白い!!!

最後も好きな終わり方、最後の最後も最高! 謝辞にも感激!!!

ドラマはこれを榎本さん/青砥さんの出会いにしていないのでどう描くのか?
そもそもこれだけの大作、最終回か? スペシャル版かな???
いずれにしても、Ⅱの冒頭は描きにくいだろうな????
プチ楽しみ!!!

ドラマ見ている方には、是非映像化される前に原作をお読みになることを強くお勧めします。

| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

SPEC天

_2 劇場版 映画ではなく ノベライズを読みました。ドラマは『~甲の回~乙の回~丙の回~丁の回~戊の回~己の回~庚の回~辛の回~壬の回~癸の回~翔~』全部見ていますが、ノベライズ(SPECⅠⅡⅢ翔)は読んでいない。というかドラマを先に見てSPECⅠを読み始めましたが、途中でやめちゃいました。
当然ですが思いっきり忠実に小説化。そうなると自分での想像もへったくれもなく、HDに録画してあるのを見た方がいいや的に読む面白みが少ない。

劇場で映画は見ない派なのでDVDが出るのを待つしかないのですが、『天』は我慢できずにノベライズを読んじゃいました。
『一 十一(ニノマエ ジュウイチ)は本当に死んでいるのか、そもそも本当に当麻陽太なのか?』面白かったです。おかげで帰りの新幹線,常磐線もあっという間でした(^_^;)

あそこまで話を膨らましちゃったからというのが大きいのかもしれませんが、最後がちょっと安易というか、物足りないというか、ドラマ時代を振り返るとちょっと強引に作らざるを得なかったのかのかな? やむを得ないのだろうな的、プチ残念。

SPEC~零~』 も気になるので、予約して読んでみよ~う!

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

『狐火の家』

Photo鍵のかかった部屋』シリーズ、この前作;シリーズ第2作『狐火の家』、結果 第3作→第2作とさかのぼっている形に。

フジTV 月9ドラマでもやっていて「佇む男」「盤端の迷宮」「黒い牙」は先にドラマを見てしまってから原作を読む形に。
「鍵のかかった部屋」「歪んだ箱」「密室劇場」「狐火の家」「犬のみぞ知るDog knows」は原作を先に読めてよかった。
「歪んだ箱」はドラマでは「鍵のかかっていない部屋」とタイトルを変えたようですが。

やっぱり原作を先に読む方が面白い。基本トリックは原作に忠実ですがアレンジされている部分とドラマ化するために的な部分が何とも。。。
でも、「密室劇場」「犬のみぞ知る」は原作が今一だったのでドラマに期待。

次は『硝子のハンマー』;「見えない殺人者」「死のコンビネーション」か、ドラマでやる前に読みたいな!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧