« 水泳20131123 | トップページ | 水泳20131124 »

2013年11月24日 (日)

お庭で練習?

早朝と言っても7時からですが、町内会のゴミ拾い。ま、大事です!

箕輪か丸沼行きたかったのですが、我慢(涙)
已む無く、お庭で イメージ練習。板と膝を含む平面から外腰を外さない練習。
20131124_1
2003/1/12に2級受験用に買った板;HEADのC100 160cm(18k\+S610;12k\=30k\)。柔らかい短めの板;イントラに勧められた仕様に近かったので。それまではSALOMONのNEOBEAT185cmなんて履いていたので「2級受けるんなら板替えた方がいいよ」の一言で買っちゃいました。
2004/2/15に何とか合格後はほとんど使っていなかったので雪無での練習用に&記念的に取ってありました!

__練習メニュー__
ブーツで足は固定されているので『板と膝を含む平面』はソール面と垂直な面になります。直線(板)とその直線上に無い点(膝)で3次元状で平面が確定する。板は反りますがそれはその平面上でそることになるはず。
その平面に腰だけではなく肩も位置して、左右両平面の中央に頭を置く。前後は背筋を伸ばした位置で頭を前に落さない;下を見ない。
「後傾にならないように前に」は、上体を折るのではなく上体を立てたまま腰を前に出すイメージで。

横滑りの練習は谷脚の『板と膝を含む平面』に左右両腰/両肩共に位置させるイメージで。山腰を完全にその平面に乗せることは不可能ですが肩はしっかりと乗せる。

お庭には斜面は無いので両ストックを突いて、山脚をあげてイメージでは斜面に対して垂直に立つ。

谷回りは板を回さず、谷脚トップ外側に体重を移動させるだけにして、トップが落ちてくれるのを単に待つだけのイメージトレーニング。

横滑りからピポットターン;ターンをせず(板を走らせることなく;レッスンの最中イントラからはよく「ターンしちゃダメ」と下から大きな声で指導されましたっけ)に、その場で足を中心に板のトップを谷に落とすように回転させる。そのための上体を前に移動させて、所謂トップ1124wwを落とす。私的には「上体を前に」よりは「足を後ろに引く」イメージだと上手くいく。相対的な問題のはずで合っていろと自分では思っているが、動画を見ると????
若干ハの字、山脚が先行しているのかな。素直に谷脚のトップを落とせていない、谷脚から山脚への踏みかえ動作をしているようで、上体が上に移動している(涙)
谷脚/内脚先行動作を意識しないとダメか!?
上体も固い特に右腕はひどいな(涙)
SAJ1級の検定種目になった『横滑り』はどんなことさせられるんだろう? 評価基準はどんなところに置くのだろう?
『ピポットターン⇒横滑り⇒ピポットターン⇒横滑り』の連続かな?

最後は、プロペラターンの練習。で、ヘトヘト 汗びっしょり。で休憩(^_^;)

来週末に向けて 雪期待できるかな!?

|

« 水泳20131123 | トップページ | 水泳20131124 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水泳20131123 | トップページ | 水泳20131124 »