« 10回目打ちっぱなし | トップページ | 水泳20130922 »

2013年9月22日 (日)

ゴルフレッスン20回目

今日のテーマ大きくは『どちらの腕で打つか』、ま、どちらの腕を意識するかですが“肘を伸ばしている方の腕を意識して振る。つまりテイクバックからダウンスイングまでは左腕を意識し振り、インパクトからフォロースイングは右腕を意識して振る。
で、今日は左腕の練習;テイクバックを小さい位置からフォロースイングはフルスイングする練習。

今日もバーシャルコースのストローク練習画面で120ydに設定してアプローチの練習を。120ydの設定は7Iでの飛距離からの設定。一番良かったのは1.3mかな。カメラを持って行くのを忘れたので証拠写真は撮れませんでしたが。コーチからはまともに当たるようにはなってきましたねとお褒めの言葉を。バーディーチャンスとも言われましたがティーショットが野きり120ydのフェアウェイに落ちないのでそれは無理と! で、しばらくすると テイクバック腕と手首を水平までしか上げないイメージで。実際は上がってしまってもいいのでイメージはそこまでのテイクバックで、そこからフルスイングと。画面には水平のラインを書かれてこれを意識するようにと。なかなかそこからフォロースイングを最後まで振り切るのは難しいがアドバイスを受けながらやっていると徐々にできるように。体を使って頑張って普通のスイングと同じような距離を出せるようにと。テイクバック/スイングを小さくすると打ち上げ角度が小さくなりバックスピンも小さくなるようです。
次はさらにテイクバックを小さく30°位にする。それでもフルスイングできるように練習。実際のコースでもできるようになれば矯正が楽になるとか。ま、最高でも100ydくらいしか行きませんでしたが花道だった(^o^)丿

でアイアンで体が慣れたので、今度はドライバー;先週と同じ新里美の5番ホール。
Shinsatomi5
先週よりは少しはまともに行ったかな? テイクバックを小さくするといいようです。耳の横というのがイメージとしては良いようです。そこからさらに上げようとするといろいろフォームが崩れる。プロじゃないので(^_^メ)
テイクバックが小さいとバックスピンも小さくなるようで、フェアウェイに落ちれば上手く転がってランが長くなり距離が出るようです。でも、体を使って右から左に重心を移動させてフォロースイングはフルスイングする。これがテイクバックが小さいと反動が無いので難しい。
感覚を覚えるために3級はテイクバックを小さく/1級はテイクバックも普通にフルスイングと打ち合分けて感覚を覚えるのと違いを実感する練習。

で、日本の実際のコースでは2割くらいしかないという左曲りのドックレッグでの練習。しかも打ち上げで左が高い。どこだったか忘れちゃいました。スライスをさせると効率的なコースもあるという練習。でもそれを意識するといつものスライスが出ない。困ったものです(笑)
ドローヒッター/スライスヒッターという言葉もあるのでしょうが打ち分けは夢のまた夢。FADE打球が多いけど狙っているわけではないので意識するとできなかったり(涙)

ま、課題は沢山あるので練習ネタはどれでも有効なんですが、そろそろレッスンは卒業というか中退かな。スキーシーズンに向けて(^o^)丿

|

« 10回目打ちっぱなし | トップページ | 水泳20130922 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10回目打ちっぱなし | トップページ | 水泳20130922 »