« 急に誘われ | トップページ | プチ旅行 石巻Ⅶ »

2011年6月26日 (日)

真夏の方程式

Img_3323 久々の読書、東野圭吾さん最新作。2011年6月6日発行。
週刊文集連載作品2010.1/14号-11/25号

とにかく凄い。湯川博士 というか彼を生み出した東野圭吾さんが。
科学者/技術者としてだではなく 人としてすごい。 広い意味での教育者として。
最後の2行でその成果が示されている。412ページ(最後から2ページ目)の湯川さんの教えは素晴らしい。広くとらえて、私の何となしのもやもやした悩みも何らかのヒントを得たように思えたかな(^_^;)

恭平君はそういう意味ではずいぶんと救われたと思うが、成実さんは大変だろうな。光は見えただろうが、16年以上前にこういう人に遭っていたらもっと違っていたのだろう!

ドクター(博士号取得者)はこうあってほしいな。 技術者には読んでいただきたい1冊!

|

« 急に誘われ | トップページ | プチ旅行 石巻Ⅶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急に誘われ | トップページ | プチ旅行 石巻Ⅶ »