« 初売りに! | トップページ | 初泳ぎ 夜スイム20100104 »

2010年1月 4日 (月)

『新参者』

2 東野圭吾さんの新刊『新参者』 講談社 (2009.9/18発売) ¥ 1,680

発売日当日の9/18に市立図書館で予約、2009.12/25にやっと順番が回ってきました。暮ということもあり読めたのは年明けでしたが。
パラドックス13以来の東野さん。一応 これで発行小説全63冊完読は継続中、1/20までは。

初出はなんと2004年から
『煎餅屋の娘』小説現代2004年8月号
『料亭の小僧』小説現代2005年6月号
『瀬戸物屋の嫁』小説現代2005年10月号
『時計屋の犬』小説現代2008年1月号
『洋菓子屋の店員』小説現代2008年8月号
『翻訳家の友』小説現代2009年2月号
『清掃屋の社長』小説現代2009年5月号
『民芸品屋の客』小説現代2009年6月号
『日本橋の刑事』小説現代2009年7月号
この1つ1つがある意味ちゃんとした短編ものになていて、推理小説としても下町人情ものとしてもいい味を出している。何といっても加賀刑事が最高。こういうキレ者で人間味あふれた素晴らしい人は人気が出るはず。今までの加賀刑事の中でも最高点かな!!

でもって、この短編が 微妙にそして素晴らしく繋がっている。
うウォー! そう来たか 状態!
で、最後も なるほど そうなるのね!!

素晴らしい作品。これは評判どおり。加賀さんの人気が上がるわけだ!!
1

次は 『カッコウの卵は誰のもの』 光文社 2010.1/20発売予定 1680円
また、図書館で予約予定、いつになるかは???

|

« 初売りに! | トップページ | 初泳ぎ 夜スイム20100104 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初売りに! | トップページ | 初泳ぎ 夜スイム20100104 »