« 印度飯屋 | トップページ | 久々水泳20090822 »

2009年8月16日 (日)

ジーン・ワルツ

Photo やっと読み終わりました、海堂尊さんの『ジーン・ワルツ』。

う~ン、2008.3/20の作品だからだろうか。
話題性と社会風刺、特に厚労省問題を言いたいだろうが・・・・

小説としての面白みが以前読んだ4作品に比べると・・・・

医学と医療、そういう面では面白かったが、小説としての部分特に 理恵さんの個人的な部分をもっと丁寧に描いて欲しかった。
さらには、もう一ひねり欲しかったかな!?

姫宮さんも出てこないし、白鳥さんも登場せず。ちょっと物足らなかったかな。

厚労省批判、最初の頃は心地よかったが、だんだんとそこまで言わなくても/しなくてもと思えてしまった。確かに屋敷教授が鼻につくのも分からないでもない。
自分にも理恵さんのように振舞いたい気持ちがいっぱいあるがそれが出来ない嫉妬かな(笑)

清川さんの立ち位置はとっても良かったかな。私はこっちがいいかな(^_^;)

|

« 印度飯屋 | トップページ | 久々水泳20090822 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印度飯屋 | トップページ | 久々水泳20090822 »