« 地獄の始まり | トップページ | 水泳20090628 »

2009年6月28日 (日)

久々読書_トライアングル

Photo_3新津きよみサンの「トライアングル」 、久々の読書です。
ちょっと仕事が辛い状況。こういうときは充電が大切。
土曜の夜から一気に読みました。面白い!

ミステリーではありますが、真相はどうでもいいのかなといった感想。
佐智恵さんの事件を通して、幸さんと亮二さんの自分の人生とは、夫婦とは、子供の教育とはetc.を感じたヒューマン小説/社会派小説として楽しかったです。

エピローグの最後までは、ミステリーとしても楽しめました。
真相が分かったとき「なんと!」と「そんな!?」という思いでしたが、そういうことはここではあまり言いたかったことではないというか、重要視していないというか、違うことが言いたかった小説かなと感じました。

プロローグの書き方も好きだし、手紙の挿入の仕方も好きでした。
亮二さんと卓也さん,亮二さんと康志さんのやり取りも心に響いた。
彩香さんの役どころも面白いし、康志さんが小説を書きたかった/エピローグの“彼女”も新人賞を受賞した小説家というところがなんとも言えず妙に気に入りました。

関西テレビの50周年記念ドラマとして最近放送もされたようですが、それは見ていません。ストーリーを見る限り別物と捕らえた方がいいようですね!??
原作を元に新たなストーリーを考えた脚本としか思えません。
でもこれはこれで面白そうなので、そのうちDVD借りてこようかな!

|

« 地獄の始まり | トップページ | 水泳20090628 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地獄の始まり | トップページ | 水泳20090628 »