« 安全祈願 | トップページ | 母の日携帯 »

2009年5月 3日 (日)

パラドックス13

1

東野圭吾」さんの小説、新刊が出ていました。『パラドックス13』サンデー毎日2007.5/20号~2008.5/18号で連載され、2009年4月15日に毎日新聞社より刊行。

やっと読めました。

これまた、東野さん的。科学物的要素が??
天空の蜂分身鳥人計画秘密などに繋がるものが・・・?

「P-13現象」と命名されたブラックホールが影響した時間跳躍現象をキーにしたドラマ展開。連載だけにのっけからはらはらどきどき、とても先が気になる展開。一気に読んでしまいました(眠)。

普通のインフルエンザですが小説中の19節~28節で大きな影響を与えるシーンが描かれています。それで発刊後「新型インフルエンザ」のニュースが世を騒がせている。
『天空の蜂』と“高速増殖炉「もんじゅ」のナトリウム漏洩事故”といい、そういう点も東野さん凄すぎ!!

中身はネタバレになるので書けませんが、いろいろと考えさえてくれる小説です。私はどちらかというと久我 誠哉サンと似た考えというか、東野さんの考えに賛同できるタイプ。でも、現実の世の中特に今の日本ではあまり受け入れられないような考えとも思うし、東野さん自身もそういう問題提起をしているのかも??

ま、久我 誠哉サンほど賢くもなく、行動力も責任もありませんが。

凄い小説です! でも1つ難点を挙げれば最後がちょっと**かなと!?
終わり方としては、好きなのですが、それまでとのバランスが・・・・・

久々の東野さん、楽しかった(^o^)丿

|

« 安全祈願 | トップページ | 母の日携帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全祈願 | トップページ | 母の日携帯 »