« 国立科学博物館;菌類のふしぎ | トップページ | 鏡開き と あまさけ »

2009年1月11日 (日)

「東野圭吾」さん残り1冊

東野圭吾」さん読破計画、いよいよ残り1冊となりました!
この残り1冊(流星の絆)が手ごわいのですが!

7 6

ガリレオの苦悩(2008年10月25日)
落下る(おちる);オール讀物2006年9月号
操作る(あやつる);別冊文藝春秋2008年3月(274)号
密室る(とじる);GIALLO 2008年夏号
指標す(しめす);2008年書き下ろし
攪乱す(みだす);別冊文藝春秋2008年7月(276)号

7_2

聖女の救済(2008.10/25;オール讀物(2006年11月~2008年4月号))
2007年10月スタートのフジテレビ月曜9時枠ドラマ『ガリレオ』、演出で新たに内海薫(柴咲コウ)さんが登場したのかと思っていたら、その前に東野さんの小説でちゃんと出てきていたんですね! 「落下る」(2006年9月)には登場。

でも、「聖女の救済」第24節;iPodの曲として福山雅治さんを出したのはフジ月9キャスティング後のはなしでしょう! ちょっとやりすぎでは(笑)

「落下る,操作る」は映画「容疑者Xの献身」公開記念特別番組 “ガリレオφ(第0章)”(探偵ガリレオ(Galileo)フジテレビ 2008年10月4日 21:00~23:10)のドラマの元になったもの。「探偵ガリレオ,予知夢」と基本的には同じ。ドラマを見てから読んだので、「なーるほど」といったところ。
「密室る」は、内海さん草薙さんも基本的には登場しない点が新鮮だったし、
「指標す」は、「神秘的なものを・・・・」からの残り9行が凄く好きだったし、
「攪乱す」は、12節(p.328)に書かれている湯川さんが学会で高藤に対して質問した内容説明を読んで、ちょっと考えさせられました。「操作る」の5節(p.92)の話と繋がっている。友永先生が言った「純粋であること」,「苦労して築き上げてきたものを即座に叩き壊せる潔さ、その経験を別の分野に活かす」大切ですよね! でも出来ないよね、普通!

「聖女の救済」は、容疑者xの献身」に似ている。
第1節の時間的フェイク、相変わらず読者をだますのが上手すぎる。
お恥ずかしい話、第32節まで全く気が付きませんでした(笑)
ま、だまされた爽快感が「流石は東野さん」です。

「容疑者xの献身」の方が好きかな。でも辛すぎたし、涙で読み進めるのが大変な場面が多かった。 「聖女の救済」はそんなことはなかったし、登場人物の考え方や、何より動機が・・・・ あまり好きになれませんでした。

ただし、小説としてはとっても面白かったです。トリックはすごい、第28節、湯川先生に教えていただくまで分かりませんでしたから。
「聖女の救済」;確かに“聖女”です。ハイ確かに“救済”です、でも「出来なかったのね」。可愛そうに・・・

ちょっと気になるのが、2つ。 【ネタバレ注意
1つは; 第4節での「バケツの水と空き缶如雨露」その後をよく読むと、ちょっと解せないことが。
自宅に戻った月曜日、自宅での事情聴取が終わってからホテルに泊まりに行くまでは岸谷刑事しか自宅には残っていないはず? だったら、「バケツの水と空き缶如雨露」は何らかの対処ができたはず。この人だったらしたはず!? せめて洗うのでは!? そのくらいはできたはず。 万が一できないなら、ホテルに泊まらずそれをするために自宅にいることはできたのではないか!? そちらの方が宏美さんとホテルで話をするより優先順位は高いはず。これだけの計画を立てて実行できた人なのだから??
それに、あの状況(鑑識の描写)からして、日曜日の夜に鑑識は水道水も採取するはず?? ま、それを言ったら始まらないか(笑)

2つ目は; 第23節の「避妊していた件」。ま、嘘の供述ということもありますが、“出来ちゃった婚”にならずに結婚しているのだからこれは嘘ではないような!?だとしたら避妊の必要性はどちらにもないというか不思議すぎる!? 義孝氏の考えが分かるのは結婚直前なのだから、避妊する必要は綾音さんにはまだなかったはず?? ま、いろいろ考えられますから良いですが!?

で、やっと60冊。残るは「流星の絆」1冊で東野圭吾さんの小説は多分読破。エッセイ等は除くと現行61冊のはずですから。いつになるかは・・・・?
2007.12/21探偵ガリレオに始まった“「東野圭吾」さん読破計画”。
今年度中の読破も微妙かな?相変わらず人気高すぎ。TV/映画の影響は流石(^_^;)

|

« 国立科学博物館;菌類のふしぎ | トップページ | 鏡開き と あまさけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/44053820

この記事へのトラックバック一覧です: 「東野圭吾」さん残り1冊:

« 国立科学博物館;菌類のふしぎ | トップページ | 鏡開き と あまさけ »