« 凄いくじ運 | トップページ | 使命と魂のリミット »

2008年5月25日 (日)

レイクサイド マーダーケース

_20080524_1 う~ン!? レイクサイド マーダーケース 早速見てみました。
薬師丸ひろ子さん,役所広司さんの演技は素晴らしかったし、迫力があった。これには感激しました。柄本明さんも良い味出していたし!

原作とはちょっと違って、並木美菜子さん(薬師丸さん)に面白い能力を持たせていたのは、映像として面白かった。
高階英里子さん(眞野裕子さん)や、津久見勝氏(豊川悦司さん)をも、修文館出身にしていて“お受験”の問題も深めているようでもあった。

でも、原作を読んでから観た映画の中では一番 “エ~!!” と感じました。
分からなくもないが、最後のシーンは・・・・・
細かいところは全部省かれているし、家族間の裏が無いし、真の動機とも言えるものが違ってしまっている。何より真相が分かっていく段階が物足りないというか、そこは並木俊介氏(役所広司さん)が本当に全てを知っているという方が面白かったと思います。

ま、映画を先に観ていたら感想は変わったと思いますが。

次は「宿命」かな?

|

« 凄いくじ運 | トップページ | 使命と魂のリミット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/41416355

この記事へのトラックバック一覧です: レイクサイド マーダーケース:

« 凄いくじ運 | トップページ | 使命と魂のリミット »