« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

ケトル

_20080529_1Photo ポイント景品で頂いた『薬缶
欲しかったというよりは、消去法的にこれしかなかったというか。

スキー場の駐車場で車中泊のときにでも使おうかな!?
多分、もうしないだろうけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIRWALK

_20080531_1おまけで頂いた手鏡ですが、AIRWALK 何のことか??

「1986年にカリフォルニアでスケートボードとBMXのニーズに応えるフットウェアとしてスタートした」
とあります。

ダイナソーロゴは上手く浮かび上がってきません。
紫外線が弱いってことかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くめ納豆倶楽部

_20080531_2くめ納豆倶楽部NEWS『びーんず』VOL.23 2008 SUMMER
が届きました。

天然づくり”がメインのようです。まだ食べていないな。
探さなきゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

美しき凶器

Photo2気を取り直して東野圭吾さん(笑)
『美しき凶器』1992年10月25日発行。
「コットン;1991年12月号~1992年5月号」で“タランチュラ”として連載されていたもののようです。

展開は面白かったし、ドーピング,さらには特殊な妊婦の筋肉増強物質分泌による人体改造という話題性豊かな内容。
さらには、ちょっとしたどんでん返し、序盤での奇妙なことが気に掛かっていたが、そういう落ちとは・・・・

サスペンスとして大変面白かったのではありますが、人を殺しすぎ。
仙道之則氏はあまりにあっさり殺されすぎ。これはありえないでしょう。感情移入しすぎもあるが日浦有介氏が殺されてしまったのは凄く残念。救いは日浦小夜子さんが助かったこと。でもその理由を含めてタランチュラさんはとっても可愛そうな人なんですよね、本当は。
でも、一番かわいそうなのは佐倉翔子さんかもしれませんね。幸い命は助かったけど、一番人間らしくなくなってしまった。そう改造されたともいえるし、お母さんも辛かったんだろうな!

あまり、気を取り直せなかった作品(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ旅行「戸塚」

_20080529_8_20080529_4 2008.5/29(木)、雨の中ではありますが、2/21(木)以来の『戸塚』プチ旅行。雪ダルマさんはさくらんぼ→
に変わっていました。季節の移り変わりは速いもの(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

どちらかが彼女を殺した

21 もう勘弁して惜しいかなと東野圭吾さん(笑)
『どちらかが彼女を殺した』1996年6月5日発行。

私が彼を殺したよりは楽だったかな? 犯人探し。
でも、和泉園子さんが取ろうとした行動、第一章2・3の状況なのにその後の展開、殺人の動機/いきさつ、実際の殺害etc.あまりに好きになれない展開。

『私が彼を殺した』はある程度納得できたが、こちらは・・・・・
何より犯人は2人も裏切っているではないか!?  2人目をあの場であのような裏切りをするとは・・・
また、佃潤一氏は、売れない絵なのに「猫の赤ちゃん」の絵を気に入ってくれてその後の展開のあった和泉園子さんを・・・・・
和泉園子さんが取ろうとしたこともひどいが、それにしても弓場佳世子さんもだからと言って友人を殺そうと思うのは・・・・・
せめてもの救いは、和泉園子さんが最後の最後で思いとどまったこと。
でも、殺されてしまう。和泉康正氏も妹のSOSを察していながら、なぜ電話を掛けなおさなかったのか。そうすればこの最悪な状態は起きなかったのではないか?
もう少し気を使ったら妹を助けられたのではないか?

犯人を直接的には書いていませんが、私的には佃潤一氏/弓場佳世子さん共に同罪と思えます。
面白かったけど 「好きになれない 小説」というのが感想。

著者のことば に 「純粋に推理の過程だけを楽しむ小説を書いてみようと思った。」とありました。確かに、そういう意味では本当に面白い小説でした!
ビデオプリントの写真にそんな意味があったのか!
自殺に見せかけているにしては不可解な証拠が多かった理由にもそういう過程があったのか!

ここから先は完全にネタバレのため未読の方は注意ください】

とっても面白かったです! でも、好きになれない!! 動機というか、きっかけが気に入らない。 特に佃潤一氏の動機が。 しょっぱなで描かれていた佃潤一氏のイメージとあまりに違った。
弓場佳世子さんが考えた殺人手段も安易というか、それは不自然と思ったし、高校時代の話が弱くなる。で、聞いた方の佃潤一氏がそれを??
個人的には佃潤一氏/弓場佳世子さんが共に犯人。でも法的には違うのでしょうね。
はっきり記載はされていませんが、明確に書かれているというか、分かるようになっています。

佃潤一氏が、法的には犯人

左利きの和泉園子さん、その部屋に残された2つの睡眠薬の袋が両方とも“右手”で開けられたので、自殺ではなく右利きの人間が犯人。
佃潤一氏は右利きであることが、随所に出ている(佃潤一氏が包丁を使って剥いたコードの切り方から等)。
加賀恭一郎刑事,和泉康正氏が犯人を特定できた。しかもそれは、弓場佳世子さんが開けた睡眠薬の袋による。
和泉康正氏は加賀恭一郎刑事との会話を細部まで回想し気が付いた。睡眠薬の袋が入っているべきゴミ箱を和泉康正氏は加賀恭一郎刑事に対して「取ってくれ」と要求する。でも既に証拠の睡眠薬の袋は加賀恭一郎刑事が回収済み。でも和泉康正氏は開けるところを見ているから改めて袋を見なくても、弓場佳世子さんが左利きだと分かって、消去法で佃潤一氏が犯人と判明した。
「弓場佳世子さんが左利き」とは明確に書かれていませんが、和泉康正氏にとって犯人が判明したのだから「弓場佳世子さんがもし右利き」とすると、どちらが犯人かまだ分からないという矛盾が生じる。つまり間違いなく「弓場佳世子さんが左利き」で、犯人ではない。


それはそうと、弓場佳世子さんは、どんな罪になるのかな? 殺人未遂にはならないのかな!? 犯人隠匿? 証拠隠滅はしているのかな???
和泉康正氏はどうなるのだろう? コードのスイッチは繋いでなかったから殺人未遂にはならないのかな? でも脅迫はしていることになるだろうし、明らかに証拠隠滅はしているし、捜査妨害は明らか。
和泉康正氏と弓場佳世子さん、どちらが罪重いのかあ? 裁判になったらなんて考えてもしまった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

ゆき湯_古町?

_20080521_1_20080521_3高畑の山菜祭りの知らせで、懐かしさがこみ上げて来ました。

南会津、高畑はいいですよね。

多分民宿で頂いた小冊子 『ゆき湯』 。

多分、古町の風景だと思うのですが→
このあたりは同じような感じで、実は違っていたりするかもしれませんが(笑)
古町 いいですよね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

使命と魂のリミット

_20080515_5やっぱり映画より原作かなと東野圭吾さん
2006年12月5日発行 『使命と魂のリミット』
「週刊新潮 2004年12月30日・2005年1月6日合併号~2005年11月24日号」で連載されたもののようです。

これは、最高でした。一気に読んでしまった。天気も天気だったので。
東野圭吾さんの中でもかなり上位。私的には「天空の蜂」に次いで2位かな!

「心配しないで。あたしが救うから。二人目の父親は絶対に死なせないから」の最後の1行は涙で目が潤んでしまいました。

この小説のテーマでもある『使命』、プロ意識とでも言うか、凄い! こうありたいとも思うが、今の自分は全く情けない(^_^;)

直井穣治氏の作戦の細部は凄かったし、ホテルのトリックは読んでいて引っ掛かった。「実名使うなんて油断しすぎだろう!」と読みながらつぶやき。その直後「自分って馬鹿!」とつぶやく羽目に(^_^;)
それを追う、七尾行成刑事も。良くあるいろいろな事情で第一線から外され、単独捜査。でも、着実につめていく。これも『使命,プロ意識』か!

終盤ははらはらと、ホロり!
真瀬望さんは辛かっただろうな! この後どうしたんだろう?? 直井穣治氏がどうしたのかも気になる。なんとなく暗示しているが、私はそうは思いたくないな!

相変わらず、この作品でもすっかりだまされました。犯人の動機も中盤まで全く予想できなかった。氷室夕紀さん同様、私も最後まで、西園陽平氏,氷室百合恵さんを疑っていたし、氷室健介氏,西園陽平氏との間でそんな会話があったとは(反省!)

もし、これが映画化されたら配役はどうなるかな?
氷室夕紀さん,真瀬望さん,氷室百合恵さん,西園陽平氏,直井穣治氏 あたりがどうなるのか気になるな!?

氷室夕紀さん→竹内結子さん,真瀬望さん→国仲涼子さん,氷室百合恵さん→樋口可南子さん,西園陽平氏→石坂浩二さん,直井穣治氏→吹越満さん,神原春菜さん→伊藤裕子さん
なんて、どうでしょう!? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイクサイド マーダーケース

_20080524_1 う~ン!? レイクサイド マーダーケース 早速見てみました。
薬師丸ひろ子さん,役所広司さんの演技は素晴らしかったし、迫力があった。これには感激しました。柄本明さんも良い味出していたし!

原作とはちょっと違って、並木美菜子さん(薬師丸さん)に面白い能力を持たせていたのは、映像として面白かった。
高階英里子さん(眞野裕子さん)や、津久見勝氏(豊川悦司さん)をも、修文館出身にしていて“お受験”の問題も深めているようでもあった。

でも、原作を読んでから観た映画の中では一番 “エ~!!” と感じました。
分からなくもないが、最後のシーンは・・・・・
細かいところは全部省かれているし、家族間の裏が無いし、真の動機とも言えるものが違ってしまっている。何より真相が分かっていく段階が物足りないというか、そこは並木俊介氏(役所広司さん)が本当に全てを知っているという方が面白かったと思います。

ま、映画を先に観ていたら感想は変わったと思いますが。

次は「宿命」かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

凄いくじ運

Photo完全に忘れていると当たるものですね(^o^)丿
くじ運絶好調!!
TOPVALUの「声を聞かせて!キャンペーン」で
「トップバリューオリジナルエコバック&トップバリュー詰め合わせセットプレゼント」当選です!!

_20080523_2_2net検索するとけっこうヒットします。
いったい何人に当たったのだろう!?
応募したときには書いてあったのでしょが、全く覚えていません。
全く当たるとは思っていませんでしたから(笑)

Photo_2そのときアンケートに答えたのはキャンペーン該当28商品中「ちくわ(5本入り)」の1商品のみでした。
評価も良かったようです。美味しいし、お得です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

レイクサイド

_20080515_4 矢継ぎ早に東野圭吾さん。2002年3月25日発刊『THE LAKESIDE MURDER CASE by Keigo higashino』
週間小説1997.2/7~9/5号で「もう殺人の森へは行かない」として連載されたもののようです。
電車の中で読んだのですが、これは純粋に面白かった。東野圭吾さんの作品を読む20作品目でしたが、相変わらずあっさりと作者にだまされてしまった。
第四章になるまで、仕立て上げられた犯人を全く疑っていませんでした(^_^;)

でも、そうすると第三章の2で坂崎君子さんが「警察に対して○○○○はどうします?」となぜ聞いたのだろうと大いなる疑問/矛盾が?? また、その前に「それに津久見先生がいる」と言っているのはもっと疑問が?
でも読み返すと、“何人かが息を飲む気配があった”は別の意味だったのね。ま、自分では納得! さらに津久見先生のことを言ったのは並木俊介氏だし、“津久見のことを忘れていたのか、全員がはっとしたように顔を見合わせた” ともなっているし、これもまた別の意味だったのね。 だまされた!!

いい加減に東野圭吾さんの作品というか書き方、読者のだまし方、学習しなきゃ(笑)

Photo これも「レイクサイド マーダーケース」として05年1月22日
ロードショーで映画化されていたんですね! 
配役も 『ほー』、という人と 『う~ン?』 というイメージの人と。 ま、見てみないとなんともいえませんが。
役所広司さん(並木俊介役),薬師丸ひろ子さん(並木美菜子役),豊川悦司さん(津久見勝役),鶴見辰吾さん(関谷孝史役),杉田かおるさん(関谷靖子役),黒田福美さん(藤間一枝役),眞野裕子さん(高階英里子役)

DVD借りてこなきゃ(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪意

_20080521_2 万城目学さん宮部みゆきさん、とちょっとちょっと浮気してみましたが、まだまだ続きます東野圭吾さん
1996年9月に発刊、読んだのは2001年1月に発刊された文庫本ですが。

野々口氏の手記,加賀刑事の記録,等の記載で話が進んでいきます。書き方は面白いですが、どことなく鳥人計画に似ている?
事件が起きて、犯人は誰だろうと思っている序盤、いきなり犯人が分かる。でも、事件の真相は??? 特に動機が分からない。
いったい、どこまで本当で何が偽りなのか???

テーマには“いじめ”があるようですが、う~ン!?

登場人物が作家ということや、作品の受賞、ゴーストライターなんていうのが出てくるのが東野圭吾さんらしいかな(笑)

中盤から終盤にかけて意外な展開が判明していくのはとっても面白かったです。一気に読んでしまった。でも、読み終えた後味の悪さもまた凄い! 重いというか、やっぱり「後味が悪い」が良い表現かな。 面白かったんですよ!しつこいようですが。でも、あまりにも・・・・。 自分の考えと違っていたというのかな???

検診の合間に読み始めて、その日のうちに読み終えましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ旅行「国分寺」

_20080521_5_20080521_45/21(水)またもや国分寺に行ってきました。
凄く良い天気!
再開発されるようですが、・・・・
また行かなきゃ行けないのかな。
7時に出て、帰ってきたのは22時過ぎ、ウ~ン!疲れた(f^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

検診

_20080519_6極めて面倒なのですが、年に1回の健康診断。やっておかないと逆に面倒なことになるので、やむなく行ってきました。
尿酸値はAに戻り大好きなビールは安心。
やっぱり土曜日の水泳が過ぎたのか尿潜血は前回と同じだったのですが、今回は、「様子見」ま、良い時もあるので、これが普通の判定と(^_^;)

ただしここ1年、水泳はサボり気味、マラソンはしないは、自転車もほとんどということで完全な運動不足。腹囲がぎりぎりアウト,LDL-Cもぎりぎりアウト,脂肪肝とくれば、「メタボリックシンドローム:予備軍」と判定。

ま、ちょっと真面目に泳ごうかなと思えただけでも、効果絶大! 

やっぱり 目指せ65kg! 遠いな(f^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くじ運復活

32最近くじ運から遠ざかっていましたが、復活したようです。

SAKURA*SAKU®LIFE得だね!プレゼントの2008年3月号(vol.51)の当選者発表 「32|いなり庵 水府産自家製そば(生そば+つゆ)4人前 2名様」になんと当選(^o^)丿
Photo

でも、蕎麦はやっぱり3タテ(挽きタテ・打ちタテ・茹でタテ)が命。普通の郵送(クール便でもない)なので、せっかくの生そばが・・・・

_20080519_8 早速茹でて頂きましたが、流石に4人前はきつかった(^_^;)
つゆも多すぎ、残りは何に使おうかな????
生山葵はなかなかでしたが、蕎麦は・・・・・
これならお店に行って食べるように「お食事券」の方が良かったような! せっかくのお蕎麦がかわいそう(涙)

こんなに美味しくない蕎麦を食べたのは久しぶりかな(f^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

マフラータオル

_20080517_13_20080517_01トヨタのヴェルファイア発売記念品のようです。
とりあえず頂いてきました。
車は、ちょっと大きすぎ、高すぎ。で手が出ません(涙)

販売店的にはNetzの方が好きだし対応も良かったけど、VOXYよりはNOAHの方が微妙に落ち着いていていいかな!? ほとんど同じだけど(笑)
Photo ノアだと、のりピーがCMしているし
酒井 法子さんの歌う“世界中の誰よりきっと”いいよな~(^o^)丿
ま、来年の夏かな??

___スペシャルサイトから引用___
“愛を、はこぶね 新型NOAH[ノア]”スペシャルサイトオープン~TVCMでは佐々木蔵之介さんと酒井法子さんが家族で登場~

フルモデルチェンジした『ノア』のスペシャルサイトがオープンしました。恋人同士のような素敵な家族の姿とともに、新しい『ノア』の魅力をカレンダーでご紹介します。CMの撮影では、お母さん役の酒井法子さんがヘリコプターでロケ地入りしたエピソードなど、スペシャルサイト限定の秘蔵シーンもまじえたメイキングフィルムを公開中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼クーポン

_20080517_07_20080517_2 吉野家の牛丼、かなり久々
クーポンとか手にすると、弱いんですよね(^_^;)
「牛丼 並つゆぬき」で。レシートには「並ツユ少」となっていましたが、50円引きの330円(^o^)丿

お店の雰囲気も随分と変わって、御洒落になっていました。

_20080517_04 _20080517_09 _20080517_06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我らが隣人の犯罪

_20080515_3 けして東野圭吾さんに飽きたわけではありませんが、たまには他の作家さんも読んでみようと思いまして(^_^;)

宮部みゆきさんの1990年発刊。
ショートショートですが、とってもほのぼのとした推理小説。
「我らが隣人の犯罪」 ,「この子誰の子」 ,「サボテンの花」 ,「祝・殺人」 ,「気分は自殺志願」

“会話文”的なところも“地の文”で書かれていたり、書き出しはや序盤の文章は主語が良く分からなかったりちょっと難解??ですが、とにかく面白い! 何より“推理小説”でちゃんとはらはら感はあるのですが、何よりほのぼの!
読み終えて、心が和む。「祝・殺人」 以外は人も死なないし。

たまにはこういう本もいいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

The fantastic Deer-Man

あをによし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり
小野老(万葉集 巻3・328)


「あをによし」とは、和歌の枕詞。「あをによし」とくれば「奈良」。建物の青色と丹色の色づかい鮮やかで都の眺めが良いというのが諸説の1つ。「青丹よし」とか。

_20080515_2鹿男あをによし』2008年1月17日(木)22時に始まったフジテレビのドラマ(1時間枠10回)ですが、最後の3回ほど見てしまい、気になっていたので小説を読んでみました。

ちょっとショックだったのは、藤原先生(綾瀬はるかサン) の設定が全然違った。なんと小説では男性教師なんです。ドラマではあの天然の面白さが良い味を出していましたが、小説は違った味がありました。

小説は小説で十分楽しめましたが、けっこう違っているようです。
鼠のババアさんは小説の方が良かったし、狐と長岡先生も小説の方が好きかな。
『びいと啼く 尻聲悲し 夜乃鹿』 芭蕉の句 も面白い逸話にしている?
細かなところは流石小説の方が面白い。

藤原道子先生は断然ドラマの綾瀬はるかサンが良かったし、堀田イトさんも多部未華子さんはまってたし、リチャードの児玉清さんは流石でかつ面白すぎた。
何より「姫巫女(卑弥呼)」の使いである『鹿』は最高でした!

ドラマ、ちゃんと全部見ておくんだった、残念。
再放送かDVDボックス出るのを待つしかありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

銀河高原ビターブラック

_20080514_21 銀河高原ビールのビターブラックが早速届きました。
フォーリンスタウト、美味!!

他にも素敵なお姉さまから、ベルギービール頂いちゃいましたし(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ旅行「厚木」

2008.5/14(水)に厚木までプチ旅行をしてきました。小田急なんて乗ったの何年ぶりだろう?
_20080514_01 _20080514_02 _20080514_03 _20080514_07 _20080514_16 _20080514_19

6時前に家を出て、劇込みの山手線で新宿に。本厚木まで小田急、そこは土砂降りの雨、ついてません。タクシーは長蛇の列。カフェラテは安くて美味しかったですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

ひたち国際大道芸

_20080511_5 5/11(日)の茨城県日立市多賀駅前よかっぺ通りで開催されたひたち国際大道芸のもようのようです。通りかかっただけですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起き上がらない小法師

_20080511_1くじけずに、SAJ1級頑張るようにと元デモから頂いた
起き上がり小法師ですが。
なんと、起き上がりません(涙)
来シーズンを示唆しているのか??

オフトレ 頑張ろ~ト!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日

_20080511_4_20080511_8  一応、気持ちだけですが。
こんなものを感謝の気持ちだけですと・・・
たまには親孝行をと(^_^;)
どこも、ここも母の日 一色だったので。でも→
は、買いませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いづみや

_20080511_2_20080511_35/11(日) 常陸太田市の名物うどんの老舗 元祖西山手打ちうどんいづみや本店に久々に行ってきました。
頼んだのはもちろん カレー南蛮 大盛。
さらに、その上には スーパー,ウルトラ とかありましたが大盛で十分 いっぱいいっぱいでした。 とにかく美味(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

パラレルワールド・ラブストーリー

Photo まだまだ続きます、東野圭吾さん
1995年2月7日の発刊『パラレルワールド・ラブストーリー』 、読んだのは97年2月発刊のCNOVELSですが。

序章,SCENE 1,第一章,SCENE 2, 第二章,・・・,SCENE 10,第十章,LAST SCENE と展開していくのですが、この書き方がまた面白い。

もっとも、第三章 喪失 あたりまで行かないと、何がなんだかよく分からなく序盤は読み進めるのがちょっと大変でした。SCENE 2くらいまでは「単なる恋愛小説? そんな訳はないよな!?」と自分に言い聞かせ我慢して読んでいました(笑)

SCENE * と言うのが「夢? 妄想? 作り出された過去? 現実の過去?」的な書き方で、 第*章というのが「現在の現実!」として書かれていきます???

敦賀崇史さん、三輪智彦さん、 津野麻由子さんの関係、主人公である崇史さんに感情移入して読んでしまいましたが私だったらどうしたかな???
SCENE 10で描かれている智彦さんの行動にも驚きと感動、衝撃を受けました。篠崎伍郎さんの件もあってでしょうが、友情と愛 難しいテーマなのでしょうね!

「記憶の改編」は第三章 喪失 あたりでなんとなく分かりますが、どのようにして/どんな理由でが全く想像できませんでした。SCENE 10からの真相は驚き。崇史さんが、麻由子さんがそうだったとは、そしてそれに智彦さんの凄い思いがあったとは・・・・・

私的には、一番辛く偉かったのは麻由子さんだったのではないかと思います。そして最終ページの「見ていたわ」と「あたしもよ」の発言部分で不覚にも目が潤んでしまいました。

三輪氏,須藤氏,篠崎氏,杉原氏の技術者としての行動は良く分かるのですが、やっぱりこれは東野圭吾さんのほかの作品でも警鐘を鳴らしている点なのだろうと思いました。
技術者はどんなにこれに注意していても、これに陥る。それを自覚することが大切なのと、自覚するとはどのような自己防衛/防止/抑止策を己に架すのか、考えなくてはいけないのでしょうね!

難しい点を除いても、広い意味での「愛とは何か」を考えさせてくれる、やっぱり素敵な作品でした。東野圭吾さん 素敵!!

序盤は我慢して読みましょう! その後の素晴らしさが待っていますし、最後には一気にもやもやが晴れますし、ジグソーパズルが一気にはまるような快感も味わえるはずです!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

送別会

5/9(金)、来週ヨーロッパに旅立つ奴がいるので送別会ということに突然なりました。
こんなのを突然カイ(驚)

多分2・3年は帰ってこられないかな。向こうに行ったらなかなか口にできそうもない物をメインで食べていましたっけ!?

突然だったので画像がありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ旅行「東京」

_20080508_75/8(木)に野暮用があり東京に。目的は東京駅となったのかな?
TOKYO STATION CITY GRANSTA に行ってきました。

_20080508_12 東京駅一番街にも出てみて、清月堂本店 “二色きんつば「ずんだ」” を頂いてみました。う~ン! 美味しいけど・・・

_20080508_15上野駅にも寄ってあげないとかわいそうかなと思って、こんなところ覗いてきました。面白いものがけっこうありました。時間つぶしにはいいかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

水泳20080506

行きだせば1日おきに行けるようです!? 
いつまで続くか???ですが(笑)

30分:バック;Kコーチ:人数少なめで、基本は15mで楽なスクールでした。
30分:ウォーク:ゆっくり歩いて
30分:バタ;Kコーチ:昨年の8月18日以来のバタフライ、何とか泳げて(ホッ)!
30分:フリー;Kコーチ:基本は1分インターバル、かなりきつかった(^_^;)

肩の痛みが多少なくなってきたのでちょっといい気になって泳ぎすぎ。また痛みでしてきてしまった(笑)
スクール3本はまだきつかったな!

6分*2回のサウナにも入ってきました。サウナも昨年の10月14日以来かな?

2008/5/6(火)_72.10kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

春の高畑、山菜祭り

たかはた友の会事務局からこんなお便りが届きました。Img_4615

春の山菜というと思いつくのは、たらの芽,こしあぶら,わらび,ぜんまい,ふきのとう,ふき,うど,よもぎ etc.
食べたいですが、ちょっと行ってられないかな?

hirokamaさん当たりは行かれるのではないかな?
と思いますので、ブログ記事を眺めさせていただいて、我慢することにいたします(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

水泳20080504

行きだせば行けるようになるのかな? 
5/2以来1日おいただけで、またプールに行けました。

30分:ブレスト;Nコーチ:キックとプルを無難に。体重を前に!
30分:バック;rコーチ:入水を小指からではなく、手の甲を下にして反らせて中指から入るイメージ。手の平が進行方向に向いているように入水、でも泡は作らないようにだって。日本選手権とは違うのよ!!
右肩だけでなく、左肩までが痛くなってきた(涙)
壁に激突しなかっただけ良かったけど、壁タッチの感覚がちょっと分からなくなっている。
旗から4ストロークではちょっと壁が遠いな!?

2本連続のスクールはけっこうきつかった!

2008/5/4(日)_72.40kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香辛飯屋

_20080503_1 _20080504_5 3日続いた蕎麦も1日空いたので、
今日はカレー(^_^;)

街乗り自転車で 香辛飯屋の『なすとアスパラトマトのカレーと焼きたてナンのセット』が
半額の880円ということで 久々に行ってきました。
“完熟苺ミルク”がお目当てかな??
SAKURA*SAKU®LIFEのクーポンを利用(^o^)丿

ナン好きなのでかなり期待して行ったのですが、高畑のナンと同じ程度。曼陀羅のナンの方がはるかい美味しいかな!

Photoカレーは美味しかったですし、完熟苺ミルクはなかなかのもの。
ストローだけでは飲めませんでした。スプーンが付いているのが頷ける。大きめに切られて半潰しになった苺が沢山、通常価格の350円で飲んでも十分価値あり。クーポンも頂いてきましたがHPからも印刷できるようです。
_20080504_2_2 _20080504_8 アイスも美味(^o^)丿

2008/5/4(日) 10:50発-14:50帰宅
走行距離22.26km、平均速度20.7km/h、最高速度37.9km/h、
2008年累計走行距離165km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブは楽しい

Ski_20080504 2008スキーシーズンは終わりにしたのですが。
昨日は朝から雨だったし、3日間の自転車に久々水泳で疲労困憊。家から出る気になれず、DVD鑑賞となりました。

スキージャーナルの『コブは楽しい』粟野利信さん,渡部三郎さん,切久保深雪さん、とっても素敵です。こんな風に滑れたらさぞ気持ちいいのでしょうが。
このDVDは、整地でのコブの練習から入っていますのでなかなかいいですし、最後にNG(転倒シーン)も入っていてなかなか楽しめます。でも、ハイスピード/コブ間隔/3人縦滑りで先頭が転倒してもちゃんと回避できるのはそれはそれで凄すぎ!

『1級合格法』佐藤久哉さん,田中良子さん、こんな上手い人のばっかりではあまり役に立ちませんが、実際の検定で何が良くて何が駄目だったかを点数付きで出てきます。
でも、かなり上手い人でもビデオだとそれなりにしか見えない。これくらいならと思えるのですが、実際に見れば凄いのでしょうし、自分でやってみると・・・・
練習法の解説とかもあって良いです。
見ている私が上手くならないので、説得力ありませんが(笑)

オフシーズンのイメトレ。
11月、頭で描いていたイメージと実際の自分の滑りのギャップに毎年ショックを受けていますが。シーズン真っ最中にも見るといいのでしょうね!
来シーズンは頑張ろ~うト! (毎年言ってますが(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

ビールの季節

_20080503_3_21年半前に行った那須高原ビールからこんなDMを頂きました。1度しか通販では買っていないのに。
HPコンテンツも新しくなっていました。
そろそろ自転車でまた行って見たいな!

さらに、銀河高原ビールからも嬉しいお知らせ。
また、あの味を楽しめます(^o^)丿
★WEB限定★ビターブラック(6本入) 5月12日受付開始!
Bana_webshop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

半年ぶりのプール20080502

いや~! 本当に久々にプールに行ってきました。
久々の夜スイム20071018以来の半年ぶりの水泳(^_^;)

15分:水中ウォーク;まずゆっくりと歩いて軽くリハビリ!?
30分:慣らしスイム;2ビートクロールでゆっくりと慣らしますが、クイックターンが・・・
なんとか回れましたがかなりぎこちなく。あれではクイックになっていません(笑)
30分:ブレスト;eコーチ:久々のスクールは1クールで終了。スカーリングとか久々で進まない。

スキーの後遺症か? 右肩が痛くてまともにプルができません。ブレストは痛くてたまりませんでした。フロントスカーリングを思いっきり広くしてそこから一気に掻き込むと意外と痛くないのが分かったのは終盤。やっぱり泳ぎは大きくかな?
そうすると単に痛めた筋肉?をあまり使わないだけなのでしょうが(笑)

少しは、真面目に泳ごうかな!?

2008/5/2(金)_72.70kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リベンジ「蕎麦政」

_20080502_12_20080502_05

3日連続で蕎麦からです(^_^;)
昨日のリベンジで “そばまさ” へ! 大正解でした!!
水戸駅南通り、JUSCO下市店の近く。
バス停だと「東台1丁目」が近いです。

頂いたのは「天せいろを十割細打ち」で¥1,500- とにかく美味!
天麩羅は山菜と海老、ごま油の香りが最高でした(^o^)丿
_20080502_10 _20080502_13 _20080502_04 _20080502_02 _20080502_03 _20080502_17 _20080502_01
まずは天麩羅が先に出てきて、最後の蕎麦湯も最高、なかなかの器でしたし。
何より蕎麦茶が美味しい。しかも三粒の蕎麦の実が入っていました。
「自家削鰹節・石臼挽手打蕎麦」の看板、「当店の山菜、野菜は常陸大宮市で自家栽培したもの、近隣の農家で作られたものを中心に使っております。」とメニューにあるように、かなりのこだわりよう!!
お姉さんが、とっても素敵でした。麺食いは、面食い (つまらない!? すみません)。

わざわざリベンジ 食べに行った甲斐がありました(^o^)丿
ビールはGUINNESS®が置いてあります。今度は夕方にでも行ってみようかな!
場所は水戸駅南通り、JUSCO下市店の近く。バス停だと「東台1丁目」が近いです。

街乗りなのと、目的は自転車ではなく あくまで蕎麦でしたが、
一応 3日連続の自転車。

2008/5/2(金) 10:45発-14:52帰宅
走行距離21.88km、平均速度21.1km/h、最高速度37.6km/h、
2008年累計走行距離143km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

阿字ヶ浦から大洗

_20080501_31_20080501_25_20080501_28今日も蕎麦からです(^_^;)
本当は“そばまさ”に行きたかったのですが、暖簾が出ていません。ガッカリ(涙)
已む無く“いまい”に。これが2日連続のハズレ(-_-;)

それはともかく、ちょうど3年で5,000kmやっと達成です(^o^)丿
記念すべき場所は「アクアワールド大洗水族館」の駐車場でした。

_20080501_04 _20080501_08 _20080501_12 _20080501_16 _20080501_20 _20080501_24 _20080501_40
常陸那珂港の北岸から太平洋岸をひたすら南下、大洗の国号51号線まで行ってきました。ちょっと南風が辛かったですが、礒の香りと涼しさを満喫してきました。最後は那珂川の南岸CRを走ってきましたが、勝田駅西口から南に伸びる道の橋の工事で寸断されてました。思いっきり迂回。
でも、半袖Tシャツがちょうど良い気持ちの良いサイクリングでした!

ちょっと悲しかったのはかなり脚力が落ちていること。
阿字ヶ浦海岸、海水浴場過ぎて、旅館大黒屋さん→丸徳旅館さんまでの100m足らずの上り坂、何とか登りきれましたが、危なかった。 登りきったところで休憩、アイソトニック飲料を一気飲み!しばらく声も出ませんでした。
こんなことではいかん! もう少し鍛えないと!! と思った瞬間でした(^_^;)

那珂湊卸売市場辺りは他県ナンバーの車が多かったな。
駐車場には行列、道の両側も車だらけ、観光バスも来ていました。流石GW!
でも、大洗は比較的空いていました。アウトレットモールは寂しい限り。大丈夫かな?

シーズンインすぐに2日連続はちょっときつかったかな?
さて、次はいつにしようかな??

帰宅後体重_73.4kg

2008/5/1(木) 10:18発-14:22帰宅
走行距離60.64km、平均速度21.5km/h、最高速度55.6km/h、
2008年累計走行距離121km。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »