« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

送別会PartⅡ

2008..3/31(月)、年度末に伴う異動。他のグループに異動する人の送別会です。

いろいろあってなかなか行けなくなっていた以前から行きつけのお店!
「あら、お久しぶりですね!」が第一声でした(笑)

ま、単なる飲み会という声もありましたが。確かにお酒と料理は美味しかった。
他にもいろいろ料理が出てきましたが、良い具合にお酒が回って、写真撮るのを忘れておりました(^_^;)
_20080331_1 _20080331_4 _20080331_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

野暮用 筑波PartⅡの弐

3/30(日)も、昨日に引き続き野暮用で筑波。1日ではけりが付かなかったので!?
帰りには、雨が降ってきて、夜雨の高速は走りにくかった!!
_20080330_05_2 _20080330_10_2 _20080330_09_2 _20080330_14_2 _20080330_15_2

高畑最終日、行きたかったな(涙)

★本日3月30日(日)「ファン感謝祭 大抽選会」
朝7:30分より先着500名に整理券をお配りいたします。抽選会開始時間は2:30分ころを予定しておりますので皆様多数のご参加をお待ちしております。
来シーズン高畑スキー場は20周年を迎えますので、20週年記念としてシーズン券は昨年の・・・倍?用意いたしております。
景品は来シーズンシーズン券をメインとして景品多数です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

電波時計

Wv_m120dj_7jfT53952aやっと見つけました。気に入った腕時計。
CASIOのWV-M120DJ-7JF

2007年12月13日に壊れてしまった以前腕時計
2003年からTIMEXのT53952 Ironman 30-lapを使っていました。結構気に入っていたのですが。

ステンレスベルトで、ディジタル式、ストップウォッチやタイマーが付いていて、5気圧以上の防水、比較的厚みがないこと。

_20080330_1_2 なかなか見かけませんでしたが、ホーマック(大保穂店)でやっと見かけたので買っちゃいました。買値は9,800円でした。

ソーラーパワーは電池交換の面倒さがないので良いのですが、さらに電波時計でちょっと厚みが(13.3mm)。この機能なくてもいいからもっと薄いのが良いのですが。
今時そういう要求は少ないんでしょうね(^_^;)

WV-M120DJ-7JF
13,500円(税込14,175円)
ステンレスバンド
日本・北米・ヨーロッパ地域対応
福島(40kHz)・九州(60kHz)両局対応モデル(自動選局)
● タフソーラー(大容量ソーラー充電システム)
● 10気圧防水機能
● 電波受信機能:自動/手動受信、 受信電波:JJY、WWVB、MSF/DCF77
● ワールドタイム:世界48都市(29タイムゾーン)時刻表示、サマータイム設定機能付
● ストップウオッチ(1/100秒、1,000時間計、スプリット付き)
● タイマー(セット単位:1分、最大セット:60分、1/10秒単位で計測)
● 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
● バッテリーインジケーター表示
● パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電)
● フルオートカレンダー
● 12/24時間制表示切替
● 操作音ON/OFF切替機能
● ELバックライト(フルオートELライト、残照機能)
● ソーラー発電無しでの駆動時間:約8ヵ月(パワーセービング:約24ヵ月)
● サイズ(H×W×D)/質量:54.0×44.8×13.3mm/102g
※ 電波受信無しで、通常のクオーツ精度(月差±15秒以内)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

野暮用 筑波PartⅡ

_20080329_12_20080329_133/29(土)またもや野暮用で筑波に行ってきました。3/9に引き続きの野暮用です! 昼食は、ちょっと豪華にしてみました。

_20080329_17_20080329_20なかなか用事が終わらず、夕食も食べる羽目に!
こんなことしているより、本当は高畑行きたかったんだけど(涙)

今回は往復常磐道にしました。夜の高速は苦手!疲れました!!
_20080329_02 _20080329_05 _20080329_06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

送別会

_20080328 2008.3/28(金)久しぶりの飲み会。
転勤になる友人の送別会。
歓送会かな!?
ちょっとしゃれたお店でした!!

ちょっと飲みすぎたかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太田裕美さんオール・ソングス・コレクション発売日決定4/2

Photo朗報が届いていました。

2/10に予約しておいた「太田裕美さんオール・ソングス・コレクション」の発売日決定のMAIL。

発売日:2008年4月2日(水)
はいはい、楽しみに待ちますよ!!

Date: Thu, 27 Mar 2008
From:
SonyMusicShop@sonymusic.co.jp
Subject: 【SonyMusicShop】「太田裕美オール・ソングス・コレクション」発売日決定!!

*このメールは、オーダーメイドファクトリーにて「太田裕美 オール・ソングス・コレクション」をご予約頂いたお客様にお届けしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「太田裕美 オール・ソングス・コレクション」 発売日が決定いたしました!◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この度は「太田裕美 オール・ソングス・コレクション」にご予約を頂きありがとうございました。お待たせいたしましたが、発売日が決定いたしましたのでご案内いたします。

★「太田裕美 オール・ソングス・コレクション」
  発売日:2008年4月2日(水)
  価 格:39,800円(税込)

2月11日までにご予約された方は、発売日にお届けする予定です。
2月12日以降にご予約された場合、お届けが発売日以降となる場合がございます。
あらかじめご了承下さい。

商品到着まで今しばらくお待ち下さい。

今後とも、当サイトをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

Sony Music Shop/オーダーメイドファクトリー

________________________

Date: Fri, 28 Mar 2008
From: SonyMusicShop@sonymusic.co.jp
Subject: ご注文商品出荷準備完了のお知らせ

**** 様

いつも「SonyMusicShop」をご利用頂きありがとうございます。
ご注文番号 ******

ご注文の商品
-------------------------------------
品番   DQCL-1601                     
品名   太田 裕美 オール・ソングス・コレクション
     太田裕美
     
個数   1
販売価格 \39,800(税込)
小計   \39,800(税込)
-------------------------------------
合計             \39,800(税込)
送料(代引き手数料含む・税込)\315
ご注文金額総合計       \40,115
(内消費税          \1,910)
-------------------------------------

お届け先住所: ******
お届け先氏名: ****様

ご注文頂いた商品の出荷手続きが完了いたしましたことをお知らせします。
※ 発売日から8日前迄のご予約商品のお届けは「発売日」となります。
   (一部地域除く)
   
※※それ以降の新譜ご注文は「発売日出荷」となります。

■出荷後の配送状況は、
 SonyMusicShopサイト画面上部
 【ご登録情報】→【購入履歴】→該当注文『詳細』→【伝票番号】
 クリックで表示される、配送担当店にお問い合せ下さい。

■ご不明な点は、下記カスタマーデスクまでメールにてお問い合わせください。
 「ご注文番号」「お名前」「登録ID」をお知らせ下さい。

===================================================================
<SonyMusicShopカスタマーデスク>
 お問合せ:sonymusicshop@sonymusic.co.jp
  ご返答時間は平日の10時~12時と13時~17時まで。
   土・日・祝日は休業させていただいております。

 またのご利用をお待ちしております。
 SonyMusicShop:http://www.sonymusicshop.jp

                (株)ソニー・ミュージックダイレクト
===================================================================

Date: Sun, 10 Feb 2008
From: SonyMusicShop@sonymusic.co.jp
Subject: ご予約ありがとうございました

**** 様

「SonyMusicShop」をご利用頂きありがとうございます。

下記がお客様の注文番号となりますので大切に保管をお願いします。

ご注文番号 ******

ご注文の商品
-------------------------------------
品番   DQCL-1601                     
品名   太田 裕美 オール・ソングス・コレクション
     太田裕美
     CD

【お届けについて】
・発売日の9日前までにご予約いただいた、ご予約商品は「発売日」にお手元に
 お届けします。(一部地域除く)
※発売日8日前以降のご注文は「発売日後出荷」となりますので、ご注意ください。

・出荷の準備が整いますと「出荷完了メール」を送らせていただきます。
 発売日お届けの荷物は、発売日を配送日指定して送らせて頂いておりますので、
 「出荷完了メール」からお届けまで数日、お時間がかかります。
 それ以前のお届けは出来ませんので、ご了承下さい。

出荷後の配送状況は、「出荷完了メール」受信後、
サイト画面上の【ご登録情報】→【購入履歴】→該当注文の【詳細】
 →【伝票番号】クリックで表示される配送業者の状況をご確認下さい。

※配送先変更が発生した場合お早めに、出荷作業開始前まではカスタマーデスクまで
 出荷作業開始後は『配送状況』で表示される業者営業店に直接ご連絡下さい。
 代引きによるご注文の場合、出荷作業開始後の配送先変更はできませんので
 ご注意ください。

■ご不明な点は、下記カスタマーデスクまでメールにてお問い合わせください。
 「ご注文番号」「お名前」「登録ID」をお知らせ下さい。

===================================================================
<SonyMusicShopカスタマーデスク>
 お問合せ:sonymusicshop@sonymusic.co.jp
  ご返答時間は平日の10時~12時と13時~17時まで。
   土・日・祝日は休業させていただいております。

 またのご利用をお待ちしております。
 SonyMusicShop:http://www.sonymusicshop.jp

                (株)ソニー・ミュージックダイレクト
===================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

天空の蜂

0_2懲りずに、東野圭吾さんに はまっています!

本の質量は手紙(480g)を上回る610gもありましたが、手紙/赤い指ほど重たい気持ちになることなく、サスペンス小説として楽しく読めました(^o^)丿

本の発行が1995年11月15日で、1995年12月8日には高速増殖炉「もんじゅ」のナトリウム漏洩事故が起きている。凄いタイミング!!
巻末には「この物語はフィクションであり、実在の組織・人物・事件とは一切関係ありません。」と当たり前ですが書いてあります。でも、高速増殖原型炉『新陽』と名称は変えてあるものの、『もんじゅ』を題材にしている。で、このタイミングは凄すぎる!

流石は大阪府立大学電気工学科卒業,日本電装にいただけのことはある。高速増殖原型炉/フライバックワイヤータイプの掃海ヘリコプター/画像フィードバックシステムetc.随分勉強になりましたし、そういった部分も面白く読めました。流し読みするなどもったいない!

雑賀(佐竹)氏,三島氏,湯原氏,山下氏他の技術者魂、上条氏,植草氏,西岡氏,小寺氏,他のプロ意識は凄いと思ったし、刑事たちもカッコいいと思った。

犯人グループの夫々の目的はなにか、なぜ防衛庁幹部候補生の佐竹開発官が防衛庁を辞めなくてはいけなかったか、赤嶺淳子さんと三島幸一氏の関係、三島智弘君の死の原因を三島幸一氏が知りえたくだり、九谷良介君一家の話etc.は人間味というか、ちょっと考えさせられる重みのある部分としてもおもしろかった。

今まで読んだ東野圭吾さんの作品の中では一番好きかな!!

ちょっと引っかかったのは、p400の「異様な光景だった。まず目についたのはオシロスコープで、」のくだり。異様の象徴でいきなりオシロか!? スペアアナやFFTならまだしも。って同じか!? やっぱり一般家庭にシンクロは異様とまでは言わなくても、普通じゃないのね(笑)

また、小説としてやむを得ないとしても、気に入らない点が。「犯人がCH-5XJのエンジン停止でローターを爆破するようにしたが、何らかの原因でほんの少し爆破スイッチが入るのが遅れた」というのがいまいちと思った。この犯人ならそんなミスはしないはず。リスク低減を考えていたはず。
燃料切れはこの犯人は想定していなかった。したがって海水温度差でエンジン停止信号を作るのだから、その信号はエンジン停止と同時に爆破スイッチ信号にするはず。エンジン停止を検出してそれを新たに爆破スイッチ信号にするようなことをするから5秒以上の時間差が出来て結果として湯原氏の操作でCH-5XJを海に落とせた。ちょっと安易だと思った。大体どう間違えても電子回路で5秒以上の遅延が間違いで起きる?考えられない。
ここはエンジン停止と同時にローター爆破、犯人の思惑どうり新陽に落ちて何も起きなかったという結末の方が良かったのではないかと思います。最後のFAXももっと重みがでたのではないか。
そして「沈黙の群集」が少しでも減り、JCOの事故も防げたかもしれない(ちょっと言い過ぎ)。

そんなことは無いと今までは思っていましたが、この本を読んで何より「自分自身も智弘の死の犯人とも言うべき『沈黙の群集』ではないか」と思えた。
実は1999年9/30JCO臨海事故の時、屋内退避/換気装置停止呼びかけ区域に住んでおりまた。
高速増殖実験炉「常陽」向けの燃料加工工程の事故。ウラン溶液が臨界状態に達し核分裂連鎖反応が起きたもの。中性子線が大量に放射されたのは間違いない。核分裂連鎖反応に至った(いわゆる臨海に達した)証「チェレンコフ光」という言葉もそのとき知りました。
中性子の反射材となってしまっていた冷却水を抜いて連鎖反応は約20時間後止まった。
この状態では中性子の危険性は当然あるが、それは数百mという近くのいればのはなし。10kmなどという遠くにまで中性子は飛んでこない。また中性子が飛んできているなら家の中にいても同じ。万が一臨界状態が止まらず、さらに大きな事故に繋がって爆発でも起きて放射性部質いわゆる放射能が漏れたらば広域にわたって影響が出る。放射性部質の飛散であれば屋外は大変危険だが室内にいればかなり影響は軽減できる。ヨウ化カリウムを飲むなりで何とかなるかもしれない。
そんな風に考えているだけの『沈黙の群集』だったと反省しています。何にも知らないくせに。いや、知ろうとしないくせに。慣れてしまっていたのかも??

ま、そういう難しいことはおいておいても、本当に凄く面白い小説でした!
東野圭吾さん、凄いは!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

草津温泉HOTEL SPAX

2008.3/22同窓会スキーの宿、草津温泉 リゾートホテル スパックス草津。昨年の宝川温泉汪泉閣も良かったですが、今年も最高! スキー場まで送り迎えしてくれたので、スキー場でビールも飲めたし!
_20080322_8 _20080322_78 _20080322_66 _20080322_69 _20080322_72 _20080322_79 _20080322_84 _20080322_80 _20080322_81 _20080322_83 _20080323_89 _20080323_92 _20080323_95
建物も綺麗で、お部屋も綺麗で広々。料理も豪華で美味しかったです。夕食に現れたおばあちゃん猫(18歳)は自然の物(蛇とか)自分で捕まえて食べているので若いとか。人間で言うと90歳くらいとか! 凄い! 朝食にもお目見え!

_20080323_105 _20080323_100 _20080323_102 _20080323_104 _20080323_107
3/23は、スキーはせずに温泉三昧。早朝食事前にホテルで露天風呂に入ったのはもとより、西の河原で露天風呂(割引で450円)にも入ってきました。広くてとっても気持ちよかった。pHが小さい強酸、肌がひりひりしましたが、とってもいいお湯!!

_20080323_97 _20080323_110 _20080323_123 _20080323_115 _20080323_116 _20080323_121 _20080323_119
湯畑も見学。足湯もありましたが、流石にもう温泉はいいかな。でも気持ち良さそうだった!

11時過ぎに草津を出て、いろいろあって14時に高崎でお蕎麦を頂く。お腹が空いていたこともあってとっても美味しかったです!!
昨年と同じお蕎麦屋さんですが、昨年は熱を出して味も良く分からなかったのですが、今年は体調を崩すこともなく、とっても楽しい旅となりました。
_20080323_125 _20080323_126 _20080323_127 _20080323_129 _20080323_130 _20080323_131
でも、高崎から帰るのが160km弱、これが遠くて結構辛い(涙)
渋滞もあって平均時速は38km/h。国道50号のオービスには捕まっていないと思うけど。

来年は私が幹事。これで3度目です! さてどこにしようかな?!
安達太良、高畑ときたから、次は・・・・
今から考えなくっちゃ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

草津2008.3/22

『11回目/16日目スキー;3/22草津国際』、6日ぶりのスキー。草津国際スキー場は、初めてでした。というか草津温泉が初めての経験(^o^)丿

学生時代の友人と年1回の恒例行事。スキーは6人、現地集合温泉のみに+1人の計7人が集合。男7人は異様ですが、良いよ(^_^;)

_ _20080322_5 _20080323_132 _20080322_7
まずは、高崎の友人宅に3/21金曜の夜集合。3/22土曜の朝に草津向け出発です。8時前に出て9時半過ぎにホテルに到着。70km強。高速は使っていません。羨ましい環境!

_20080322_16 _20080322_48 _20080322_49 _20080322_50 _20080322_53 _20080322_55 _20080322_42
ホテルによって、着替えたり、レンタルスキーを借りる奴がいたりetc. 滑り出しは11時ごろ。とっても良い天気、快晴! 気持ちの良いスキーでした。雪は重かったというか、コブで板外れたら、膝近くまで埋もれる柔らかさ! 水溜りになっているところもありました!

_20080322_24 _20080322_58 _20080322_10 _20080322_13 _20080322_22 _20080322_59 _20080322_61 _20080322_29 _20080322_17 _20080322_23 _20080322_47
景色も最高。横手山や、万座も見えているのかな!

15時半には上がって、温泉でゆっくりすることにしました。
暑かったスキー!!

本白根ゲレンデ 180cm  →閉鎖(なぜ?)
逢の峰ゲレンデ 180cm 
トドマツコース  180cm 
振子沢コース  180cm  →雪崩の危険のため閉鎖
清水沢コース  180cm 
青葉山ゲレンデ 150cm 
しゃくなげコース120cm 
御成山ゲレンデ 120cm 
天狗山ゲレンデ 120cm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

ビール当選

_20080301_05_20080301_02_2やりました、今までのくじ運の中でも最高ではないでしょうか!!

ふれあい下妻 しもつまビールパストレイク
ビアパークしもつま地ビール12本セットが送られてきました(^o^)ノ

08227_4_20080301_08_2 朝日新聞茨城印刷記念キャンペーン「さくさくコース」P賞に当選しました。
何と10人にしか当たらないのに!
ま、何人応募があったのかは分かりませんが(^_^;)

4種類3本ずつですが、賞味期限「2ヶ月」と書いてあるのと、製造年月日から2ヵ月後の年月日で記載してあるのと2種類あります。ラベルの版更新時にでも変えたかな??

_20080301_11 _20080302_1_1 _20080303_7 _20080304_10 _20080304_13 08227_2

黒ビールである「ポーター」が美味しかった(^o^)丿

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

手紙

0東野圭吾さんに相変わらずはまっています!
『手紙』2003.03/21発行

いや~! でも、これは重かった! 
測ってみたら480gもありました(ッて、違うって(^_^;)

いろいろなことを考えさせられた。新星電機社長の平野氏が言っていたことは本当に重いし、・・・・・
由実子さん以外の登場人物は本当に重いし、広い意味で難しい。
手紙がもう1つあって、しかもその最後の文面が・・・・・
それを読んだ直貴とその後に取った行動、そしてその行動への剛志の姿勢。

そもそもは、剛志の短絡的な行動と、そうしなくてはいけなくなった境遇、環境の問題なのだろうが、そうなってしまった場合どうすべきなのか本当に難しい。回りを含めて。

そこまで大きな話ではなくても、似たような小さなことは回りにはありうる。本当に社会は、人間は難しい。「何が正しいかなんてことは、誰にもいえんのだよ。」、「正々堂々、といった旗印がない」その通りかもしれない。自分にとっては誠意/真実であってもそれは相手にとっては単なる迷惑かもしれない。自己満足なのかもしれない。
難しく、重い!

読み終わってからも、その重みがずっしろときています!

読み終わって、DVD(映画)を借りようかどうか思いっきり悩んでいます。
重すぎるよな!!!! 見終わったら、どよ~ンとしてしまいそう!

原作では「イマジン」というバンドなのですが映画ではお笑い芸人というのもイメージが違うし、「イマジンという歌の歌詞からの意味」の部分はどうしたのかなという疑問も!?

A_2でも、予告での沢尻エリカさんの演じた由実子さんはとってもいい感じ。あの沢尻エリカさんとは別人のよう。出演者のなかで原作のイメージに一番合っている配役かも。
小田和正さんの挿入歌「言葉にできない」もいい。やっぱり気持ちが落ち着いたら、見てみようかな!

出演: 山田孝之さん(武島直貴役)/玉山鉄二さん(武島剛志役)/沢尻エリカさん(白石/武島由実子役)/吹石一恵さん(中条朝美役)/尾上寛之さん(寺尾祐輔役)/吹越満さん(緒方忠夫役)/風間杜夫さん(中条役)/杉浦直樹さん(平野 東西電機 会長役)
監督: 生野慈朗さん
脚本:安部照男さん/清水友佳子さん
製作: 2006『手紙』製作委員会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

高畑2008.3/16

『10回目/15日目スキー;3/16高畑』、28日ぶりのスキー。

Ski_20080316_06Ski_20080316_04 いろいろあってなかなかスキーにも行けなかったのですが3/16やっと28日ぶりのスキーに行ってきました。日帰りでしたがいつもの髙畑
途中の景色も最高→

4時前に出て7時には到着。コンビに休憩を除けと平均時速54km/h、今シーズンの最速。途中霧が濃かったりしましたがそれ以外は問題なくスイスイと。路面も完全なドライ、ノーマルタイヤでもまったく問題の無い状態。それに何より空いていました。時間帯ともうシーズン終盤だからかな??

何時ものごとく駐車場でコンビにパンの朝食。今回もメンチカツロールがありませんでした(涙)

Ski_20080316_13さっさと、準備をしてリフト運行スタート時には準備運動も済ませてリフト前に。この日は大会の準備のせいかリフトスタート時には長蛇の列(髙畑にしては)。

Ski_20080316_07 Ski_20080316_11 Ski_20080316_12 Ski_20080316_14 Ski_20080316_15 Ski_20080316_17 Ski_20080316_25
ひょっとすると雲海が見られるかなと、ブラックを降りたらすぐさまオレンジ山頂に。
8時半前のオレンジ山頂は休日でないと見られません。
Ski_20080316_19 Ski_20080316_20 Ski_20080316_22 Ski_20080316_23 Ski_20080316_41
2/11(←hirokamaサンの屋根裏部屋より)にはかなわないようですが、ちょっとした雲海が見られました(^o^)ノ

この時間だとまだバーンは固め。綺麗に整地されていたので1ヶ月のブランクがあっても滑り易かったです。オレンジのイン,アウト,ブルーのイン,センターと早朝に滑る。
ブルーセンターの上部は若干土が出てしまっていました。季節ですね! でも、まだコブが硬くて降りるのがやっと。棚から下は思いっきり大回りでカッ飛んで見ました。
Ski_20080316_29 Ski_20080316_32 Ski_20080316_43 Ski_20080316_26 Ski_20080316_35 Ski_20080316_37 Ski_20080316_45
ブルーアウトは大会で使用中なのでブラックを降りてレッドに。まずは整地部分を。でも、 あまり綺麗に整地されていません。9時前はまだ、ちょっと固めのボコボコ気味。私のような下手っピには大回りは怖い状態。モーグルバーンは、最上部から何とかラインを追える状態。最後の最後、最終点で気を抜いたか、右肩から落ちてしまいました。 強打! まだ、痛くて右腕が良く上がらない。帰りの車運転も辛かった(涙)

Ski_20080316_34レッドのリフトでは、私は今シーズン初となる雪像が。
前シーズンは沢山見かけましたが。

Ski_20080316_44で、とりあえず疲れたので中腹レストハウスにて休憩。
尻尾まで餡子の詰まった甘いタイヤキが美味しい!

次はスーパーブラックを降りることに! 止めておけばよかったと思いました。10時、まだ十分には軟らかくなっていない!とてもじゃない状態になりました(涙)
深いし上手く削ってスピードを抑えるのもままならず、まったくラインを追えません。泣くようにして何とか降りていきました。棚の手前では左膝をひねってしまった(~_~;)

Ski_20080316_46Ski_20080316_49 昼食は、お決まりの唐揚にナン¥820。これで多少元気が出たかな。オレンジの山頂からは磐梯山も望めました!写真はあまり上手く撮れていませんが。

レッドモーグルバーンもお昼には軟らかくなったこともあり、ようやく思ったように滑れるように。でも、コブでの吸収動作がまだ下手なのと、ちょっとスピードを出そうとすると直ぐに破綻。1級はやっぱり遠いな!2010年を目標に変更!じっくり練習しよう!
ブラックの中腹レストハウス下の山側細めのラインは細かくて追いきれない。
ブラックリフト側の猪谷のラインコブも5・6ターンがやっと。まだまだ駄目です(涙)
ま、ブルーセンター上部の3本のラインは何とか滑れました。

14時前にオレンジの山頂からレストハウスまでノンストップに挑戦。最後はふらふら状態でしたが何とかノンストップダウンヒル。今シーズン最初で最後かな(笑)
最後の猪谷はざくざく。本当にヘトヘト!!

Ski_20080316_52で、14時には上がって、窓明けに。時間が早いせいか休憩室には誰もいない! ゆっくり浸かって、15時半には帰路に着き17時過ぎに無事到着。でもやっぱり日帰りはきついな!

大田原のガソリンスタンドでは152\/Lなんて看板を見かけましたが、いつもの常陸大宮の国道118号ではいつものように140\/Lでした。12\/Lの違いは大きい!

さて、後何回いけることやら。窓明けの温泉シーズン件、全然元が取れていません。
3300円だったから10回入って元。まだ6回なんだよね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

PALE ALE

_20080315_2_20080317_2_3 銀河高原ビールのTHE PREMIUM BEER
琥珀色のビールPALE ALE (ペールエール)新発売!
ということで、早速購入させて頂きました。発送開始日に送ってもらえて、今日3/15に届きました。

Paleale ★発売について
3月14日(金)より発送開始。
※数量限定のためお早めに!

Date: Fri, 14 Mar 2008
From:  "銀河高原ビールWEBSHOP"
Subject: ご注文商品を出荷しました。
★銀河高原ビール WEBSHOP (ヴァイツェン・小麦のビール/ビール通信販売)★

このたびは銀河高原ビール WEBSHOP (ヴァイツェン・小麦のビール/ビール通信販売)をご利用いただきまして誠にありがとうございました。
以下の商品について出荷いたしましたのでご連絡申し上げます。
WEB限定 ペールエール 300ml 6本入り 1ケース 数量:1
単価           2,520円
小計           2,520円
送料             640円
代引手数料       315円
合計           3,475円
--------------------------------------------
ご注文合計金額      3,475円
ご注文の1配送先のうち、1配送先が出荷済みになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨だと思ったら快晴!

08315昨日の状況から、今日は雨だと思っていたのに、快晴ではないですか! 行きたかったな、高畑。

いろいろあって2/17以来スキーに行けておりません(涙)
明日、日帰りででも行けるかな??

ライブカメラ 国道352号舘岩村たのせ大釜地区映像 から

会津高原 高畑スキー場 - INA HPより

3月15日(土) 午前7時現在 
天候: 晴れ
気温:-1度
積雪:積雪180cm
滑走可否:午前8:00リフト運行
明日の天気予報:晴れ

4月5日・6日(土・日)営業いたします!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
シーズンは3月30日(日)で終了いたしますが、4月5日・6日(土・日の
み)営業決定!!!但し、積雪状況により営業しない場合もありますの
で、HPをチェックするか、スキー場にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雀の涙なのに!

_20080315_3ほんの「雀の涙」程度なのですが、ちょっとした「あぶく銭;ご褒美」をいただいてしまったので、確定申告をしなくてはいけないとか!?

池脇千鶴さんがキャンペーンガールだったのね! 
〆切が3/17じゃないか、ヤバい! 頑張ってやるか(笑)

e-Taxはいろいろ面倒(電子証明書とICカードリーダライタ購入)なので、「e-Taxを利用しない場合又は作成を再開する場合はこちら」から書類を作成しました。
でも用語が良く分からないし、そのHELPも不親切! ちょっと間違えると税金を多く取られそうだし、・・・・・

で、書類の作成は完了しましたが、何と驚き!!
あの雀の涙のあぶく銭で、こんなに税金取られちゃうのか!!
行政には、税金をもっと有効に使って欲しいものです(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

プチ旅行「新橋」

_20080313_2_20080313_1 3/13(木)、今回は前回の乗り過ごしとは違って本当に新橋が目的地、サラリーマンの聖地?です。スキーなら整地が好きですが、都会の聖地は苦手です(笑)。
今回はちゃんと、上野→御徒町→秋葉原→→神田→東京→有楽→新橋と順番に止まっていました。 というか、ちゃんと記憶に残ってました(^_^;)

でも、「2008年3月13日19時5分 配信
_20080315_1_2常磐線は、架線に付着物の影響で、上野~いわき駅間の上下線の一部列車に遅れがでています。
」何とついていないんだ!
ですが、幸いにも行きは問題の起きる前で、帰りの電車はちょうど遅れのない電車でした(^o^)丿

2008.3/14(金)「朝日新聞」【茨城】35面の記事より→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

車検

_20080302_2_20080302_1新車で購入した車も9年が経ちました。買い替えを断念し車検を行いました。まだ総走行距離が50,352kmだし、比較的丁寧に乗っているせいもあって問題はありません。
年平均走行距離は約5,600kmとなりますが、記録を取り出した2004シーズンから2007シーズンまでスキーのみ走行距離は1シーズン平均4,983km。いかにスキー以外では乗らないかが分かります。
今シーズンのスキーではまだ2,861kmですが(^_^;)

車体重量が1,590kgなので重量税が50,400円、90kgダイエットできればずいぶんと安くなるのに(涙)
オデブは損、私もダイエットしなくちゃ(笑)

ほとんどスキーに行くのにしか乗らないので、下廻りの錆がひどくその洗浄で3,000円、発煙筒の有効期限切れで交換で800円。トータルで102,780円となりました。

車検中の走行距離からすると水戸の陸運局の車検場まで行って検査してくださったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

野暮用 筑波

_20080309_623/9(日)に、野暮用でつくば市まで行ってきました。この季節はまだ自転車ではありません。
久々に行きは常磐道を走りましたが、高速は好きになれません。
帰りは国道6号線を帰ってきました。
お昼はこんなものを頂き、オデブが直らない(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

私が彼を殺した

1Photo_2完全に東野圭吾さんにハマってしまっております(^_^;)

1999.2/5発行。小説現代増刊号「メフィスト」'97年9月号,12月号,'98年5月号,10月号に連載された作品に加筆したもの。
とってもおもしろい書き方。ポイントとなる3人の視点で書かれているのですが、章毎に視点となる人物を変えながらストーリーを展開していく。
が、「え、えっ、えッッ!? どうしたの? それは無いだろう! どうしてくれんの!!」が感想。
直ぐさま、ページを戻しました。何度何度も行ったり来たり、しまいには初めから読み直し。

最初に読み終わってからその倍くらいの時間を必要としました。

ここから先はネタバレのため未読の方は注意ください】
この本はばれてから読んでも問題ないと思いますが!?

浪岡準子さんの自殺、そして穂高誠氏が毒殺される。
加賀恭一郎刑事が穂高誠氏の婚約者である神林美和子さんと共に容疑者を追い詰めていく。
「犯人はあなたです」という加賀刑事の言葉で終わる。句読点すらありません。
「あなた」が誰を指すのかは書いてありません。

読み返しても、ポイントとなる点を何度か行ったり来たりしても、どうしても犯人が分からない?
それで出した答えは最後から2ページ目(p281)上段にある「誰が犯人でもいい-。」
そのとおりということで自分の中では決着しました。

この推理小説の言いたいことは(法的な)真犯人が誰なのかが大事なのではないのだと。
ある意味どうでもいいというより、3人とも犯人なのだと。下手をすると4人と考えた方がいいかもしれない。

でも、一応気になったのでネット検索してみました。なるほどねでした。
メフィスト版とノベルズ・文庫版では東野圭吾さん自身犯人を変えた」という話がありました。
どうでもいいと気が付く前には「神林貴弘が犯人」の確率が99%で、それを実証しようともしました。
p82結婚式の前日ホテルの中にある日本料理店での夕食時鼻炎薬の小瓶を神林貴弘氏が持っているとき、美和子さんがトイレに立っている。このとき毒入カプセルを入れたと私は思いました。でもそうすると、最後のp282謎解き「証拠物件3枚の写真」からの話、特に指紋の意味が分からなく・・・・・
ネットで調べた通説は、「なるほどね!」と感心させられるものでした。

「誰が犯人でもいい-。」は美和子さんの言葉として書かれていますが、それこそがやっぱりこの小説というかこの状況での真実とネットで調べる前に思えてよかった。自分でそう結論付けた時、私も「霧が晴れるように自分の心の視界が開けました」。
ある意味「過去の呪縛から逃れようとした」そのこと自体が犯人なのかもしれない。

_私が彼を殺した:参考にさせて頂いたHP_
東野圭吾さんのファンサイト/御託をもうひとつだけ

「幻影の書庫」日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬山荘殺人事件

Photo2 光文社/カッパノベルスから1986.8/31発刊、東野圭吾さんの比較的初期の作品。本人は『マザーグースの宿の殺人』というタイトルにしたかったとか。
私は、『橋の番人』としたいところ。推理とは別の裏の話、人間味もあるちょっと切なく怖い話が隠れているのが最後の最後に出てくるので。暗号の解読のヒントでもあるし。

で感想は、「久々に所謂『推理小説』を読んだ」というもの。

プロローグが2段構成になっていて、時間的階層構造とでもいうのがいいかもしれません。 ペンション「まざあ・ぐうす」で主人公の兄が死ぬところがプロローグ2。
プロローグ1はその真相が解る終盤になってやっと意味が分かるような書き方がされています。

ストーリーは原菜穂子さんが兄の死の真相を探るべく友人の沢村真琴さんとペンションでマザーグースの歌に秘められた暗号を解いていくもの。「暗号トリックと密室殺人」こてこての推理小説を楽しんでいたら、やっぱり東野圭吾さんやってくれました。
プロローグ1の行動の裏にはそんなことが隠れていたのか、しかもそれがこの人に繋がっていたとは。恐れ入りました。しかもさらに、もっと裏が・・・・

私も、益田ドクター,高瀬氏 同様 読み始め「マコトは男性」と思いこんでいました(笑)
この出発の部分をきちんと映像化しようとしたら配役は難しいだろうなどとのんきに考えながら読んでいたら、その後の展開に、うわ~! そう来るか、え、さらにそうなの。はいはいそうですよね、そうじゃなきゃ霧原マスターがこの館を手に入れる話が無意味になっちゃうしね。でも、そんな裏があったのね。最後の最後に!

やっぱり東野圭吾さん。人の愛とは? 切ない愛,どうしようもない人の弱さ,性(さが)、みたいなものがきちんと描かれていました。この辺が、秘密容疑者Xの献身、に繋がっていくのかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可瓏 Collon

_20080304_14_20080304_15またしても中国お土産グリココロン
格力高 可瓏TM Collon TM です。

テキスト上は『瓏』で書きましたが、本当は「王偏に『竜』の簡体字」で画像参照ください。

天津甘栗の風味がきちんとした味。結構いけました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

プチ旅行「国分寺」

_20080305_17 3/5(水)に、約2年ぶりで国分寺に行って来ました。
ちょっとぽかぽか陽気ということもあったのか、上野からの山手線でちょっとした事件が。 *十年ぶりかな? こんなことは(笑)

常磐線から山手線で東京に向かうわけですが、3・4番線に降りる階段で山手線が既に入ってきている。時間も時間で空いていて、乗ってみると珍しく座れる。この辺が間違いの始まり。ぼーッと外を見ていたのですが次の駅がおかしい?
「あれ? 御徒町駅に“ビッグカメラ”なんてあったっけかな??」と思っているところで電車が発車!
_20080305_18「次は新橋、新橋」、ガーん!!!
眠っていた感覚も、“ビッグカメラ”が見えたときも「つぶっていた目を開けた」的な感覚もありませんでした。自分的には上野の次だった。

已む無く新橋で東京に引き返しました(^_^;) 直ぐに電車の来る都会に改めて凄さを感じる(笑)

_20080305_20 _20080305_21 _20080305_24 _20080305_25 _20080305_22 _20080305_29 _20080305_30

国分寺は単線の電車も走っている、のどかさ。帰りはちょっと贅沢な駅弁を東京駅で買ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

お年玉切手シート

_20080302_61/29に書いた記事「くじ運」の“4等賞品;お年玉切手シート”を頂いてきました。
100本に2本の確率ですが、「64枚で2枚当選」。
早速、とあるビールメーカの抽選葉書に貼って使用しました。
くじ運の連鎖が有るといいな(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »