« 自転車シーズン終盤の目標 | トップページ | とれたてホップ »

2007年10月24日 (水)

念願の奥日光湯元;いろは坂クライム

10/24(水)、念願だった日光いろは坂クライム-奥日光湯元まで行ってきました。
ちょっと仕事が行き詰っていることもあり、会社をお休みして(^_^;)

自転車を始めたきっかけ/当初の目標は「茨城から自走、奥日光湯元1泊のいろは坂クライム;1泊2日300kmサイクリング」でしたが、まずは日光駅まで往復輪行の奥日光湯元往復ののいろは坂クライムにチャレンジしてきました。
天気も良いし、紅葉もちょうど見ごろだったので!!

1年前の初輪行も日光でした。このときはJR日光線を使いましたが、今回は水戸線-両毛線-東武日光線。こちらの方がちょっと安いので。
でも、小山駅;水戸線ホーム-両毛線ホームはちょっと自転車担いでの移動にはしんどい距離。両サイドで、3分以上掛かってしまった。次ぎ使うときは注意しなくては。

_20071024_02 朝もまだ真っ暗/肌寒い4時過ぎに出発。朝食を買って水戸線に乗り込む。電車で朝食を済ませると、睡魔が。おかげであっという間に小山到着。既に明るくなっていました(笑)
通勤通学になるべくぶつからないように、さっさと進むことにして「新鹿沼行き」に乗り込む、がらがらです。新鹿沼でトイレを探すも改札の外。駅員さんにたずねると「どうぞ!」で改札フリーパス。なんとおおらかな!!
新鹿沼-東武日光はなんと2両編成、高校生で混雑。どうやらテスト期間中のようですね。

_20071024_06 そんなこんなで8:11東武日光駅に到着。自転車を組み立てていると似たような人が次の電車で降りてきます。でも私のよりはるかに良い自転車! 軽く挨拶を交わして、8時35分標高543m地点から出発~つ!
目指すは奥日光湯元、いろは坂を登って、標高1,500mへ
_20071024_07_20071024_11_20071024_14_20071024_20_20071024_26_20071024_55_20071024_42_20071024_07_3

まずは国道120号線を7ELEVEN日光東照宮前店まで登って、水分と食料を補給。
暑くなってきてまずはウインドブレーカーを脱いで長袖Tシャツ1枚になる。
清滝は旧道を走って、細尾大谷橋に。天気も良く、登りは暑い。
下もジャージを脱いでレーパンに。いよいよ平均斜度5.5%10kmの登りです。
馬返しでトイレ休憩と水分補給(ちょっと早すぎ)、第2いろは坂を登って行きますが、入って直ぐの橋を渡ると一瞬下り坂になります。自動車で走っていると分かりませんでしたが自転車は敏感。何せ漕がなくても加速してくれました、でもこの一瞬だけ。後はひたすら登り。車も増えてきて、やたらととばすし特にバスはカーブで路側帯にはみ出す。他県ナンバーは要注意。特に路肩の舗装が悪くなっているところでは冷や汗ものでした。

馬返しから黒髪平展望台までは休まずに昇ってこれました。標高差1173-860=213mノンストップ。すると、お年配のかっこいいロードレーサーが先客で。負けていられません(笑)
回りの観光客からは、「え、自転車で昇ってきたんですか!軽いんでしょちょっともたせてください」etc. ま、水分とエネルギーを補給して明智平を目指します。でもこの辺から渋滞が始まり、車が2列に。なかなか両路肩も空けてもらえず、縫うように進みますが、何度も足を付く羽目に。相変わらずビンディングが引っかかり怖い思いも(~_~;)

明智平ではロープウェイにでも乗ろうと思いましたが、平日なのに長蛇の列であきらめる。さっさと先を急ぎましょう。で、ちょっと怖いトンネルを、一応歩道を走りました。中禅寺湖まで来るとレーパン/Tシャツでは流石に寒いかな??_20071024_29_2
_20071024_08 _20071024_13 _20071024_16 _20071024_17 _20071024_23 _20071024_24

_20071024_33 中禅寺湖畔を走って、竜頭の滝,戦場ヶ原を抜けて光徳牧場でアイスクリームと昼食。ここのハンバーグは最高! これだけ走ってきたので当たり前かもしれませんが。ステーキはちょっと高めでしたがハンバーグはコストパフォーマンスばっちり!スキー帰りも良いかもしれない。 ちょっと風が冷たい感じもありましたが天気も良いので外で、とっても美味しく頂きました。

お腹も膨れて、湯滝,湯ノ湖畔を経て湯元に到着。
_20071024_25 _20071024_26_2 _20071024_34 _20071024_38 _20071024_40 _20071024_52

流石に金精峠を登る元気はなく、白根山登山口まで行って、標高1,500mを越えたので降りてくることに。その道すがら見かけた「日帰り入浴露天風呂」の看板。どこにしようか迷いましたが、私に合っていそうなところに決定。奥日光湯元温泉/天然温泉の宿「かつら荘」、入ってみると素敵な女将さんがお出迎え。「自転車でいろは坂を登ってきたのですか?」やはりあまりそんな人いないのかな。「流石に疲れたので硫黄泉でゆっくししたいのですが良いですか?」と会話を楽しんで、バスタオルもお借りして900円。しかも貸切状態。硫黄泉はやっぱり最高。ゆっくりと疲れをいやして、温まって。のんびり紅葉を眺めながら最高の露天風呂まんきつとなりました。
_20071024_45 _20071024_46 _20071024_47 _20071024_48 _20071024_51

帰りはほとんど下りのみ、寒いのでウィンドブレーカにジャージをはいてスピードアップ。
_20071024_61 華厳の滝をちょっとだけ眺めたら、第一いろは坂を下ります。相変わらずバスが怖いが、どんどん抜いていきます。でも、カーブの先に車が止まっていて、危うくバスとその車に挟まれそうに、かなりヒヤッとしましたが何とかクリアー(っホ!) 景色を眺めたい気持ちは分かりますが、停める場所考えてよね! 一方通行ですし、右側走った方が良さそうです。

_20071024_62 日も傾いてきて、やっと街中に下りてきました。流石に下りは寒い。
駅で自転車をたたんで、ビールと思いましたが寒すぎて温かいコーヒーにして、電車に乗り込んで体を温めることにしました。

_20071024_71 15:59発の「区間快速浅草行き」電車の最後尾に乗って自転車を置いていたら車掌さんが「下今市で、後ろに電車を繋ぎますので、ここは通路になります。すみませんが自転車横に移動していただけますか」と。流石はプロといった対応に感激。ちょっと横にずらさせていただきました。

帰りは栃木まで乗り換え無し、あとは両毛線-水戸線で帰って来ました。両毛線は学生で激込み。ちょっと気まずく、「すみませんちょっと乗せてください」と。やさしい女子高生で良かった(^o^)丿

当然、帰宅は真っ暗。お風呂に入って、ビールを飲んで最高でした。当然平均速度は過去最低ですが!

紅葉時期、日光はとっても景色がよくサイクリングには最高。でも、車が多すぎてまともに走れません。やっぱり走るには紅葉を避けて新緑の季節がいいかも。
「茨城から自走_1日で奥日光湯元」、何時になることやら?
なんだったら、翌日は金精峠越えて沼田に抜けるなんてのも、もっと脚力付いたら良いかも知れない!?

ルート地図は、行きのみ。帰りもいろは坂が第1になる程度で同じですから。

2007/10/24(水) 4:15発-19:40帰宅
走行距離75.65km、平均速度14.4km/h、最高速度53.3km/h、
2007年累計走行距離1758km。

|

« 自転車シーズン終盤の目標 | トップページ | とれたてホップ »

コメント

すごすぎ!あの いろは坂を自転車で登るなんて。
なんというタフ!私も日光は好きでよく行きます。温泉も最高。
湯元はにごり湯なので風情がありますよね。
温泉が恋しい季節になりましたねえ。。

話は全然違うんですが、納豆の「丹精」食べましたよ~。
とても美味しかったです♪ハマりました。

投稿: モンステラ | 2007年10月26日 (金) 00時43分

モンステラさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

丹精は半額だったのでしょうか? (笑)
美味しさに賛同いただけて本当に嬉しいです。
けして、くめ納豆関係者ではない私ですが、需要が増えるのは良いことかなと!

で、日光いろは坂ですが私も行くまでは“凄すぎる坂だ”と思っていました。でも、10kmと長いだけで斜度は5.5%程度。何とかなるものでした。気温が低いこともあるのでしょが、道祖神峠よりはるかに楽でした。同じく自転車で登ってきた方と黒髪平で合いましたが、かなりの御年配でした。

何より、奥日光湯元の硫化水素泉かけ流し 、硫黄のにおいがいかにも温泉らしい湯。紅葉を眺めながらの露天風呂。この季節が最高ですね!

投稿: 自転車こぞう | 2007年10月26日 (金) 07時02分

丹精、さすがに半額じゃなかったです。20%引きだったかと
思います。気分が上々の時でないと買わないでしょうね(笑)

だけど こぞうさんの足ってば「ささみ」みたいですか?
いろは坂を自転車で登るのは並じゃない!

投稿: モンステラ | 2007年10月26日 (金) 23時10分

モンステラさん、そうですね。
“丹精”美味しいですが、冷静に価格を考えると買うのちょっと躊躇いますよね。
私は、「気分上々+半額」の時だけ買うようにしています(笑)

プロフィールに書いているように、運動に関しては並以下だったんですが、最近はやっと“並”程度かと。 質量が10kg以下の自転車;ロードレーサー,ギヤ比39:25なので日光いろは坂、考えていたよりも凄い坂ではありませんでした。
普通の自転車;ママチャリで登ったら「並じゃない」でしょうが。
“並みの上”といったところでしょうか!?

投稿: 自転車こぞう | 2007年10月27日 (土) 07時34分

初めまして、ぼくは21日にいろは登りました。
スタートは今市で、戦場ヶ原から山王峠を越え川俣温泉・
川治温泉・鬼怒川温泉を回って今市まで戻りました。

日光市内(神橋)から車が大渋滞で、戦場ヶ原まで続き
終始ひやひやものでした。24日はどうでしたか?

投稿: メラク | 2007年10月28日 (日) 19時08分

メラクさん、初めまして。コメントありがとうございます。

今市から山王峠を越え川俣温泉・鬼怒川温泉を回って今市に戻ると「走行距離約110km、山王峠は標高約1,700m、高低差最高1,370m以上」ですよね! 凄すぎです!! 脱帽!

10/24は水曜日でしたので10:30ごろで黒髪平-明智平の中間ぐらいからの渋滞で中禅寺湖手前まで。あとは竜頭滝あたりがちょっと渋滞。それ以外は比較的空いていました。平日なので。
帰り14時ごろは戦場ヶ原から第一いろは坂下り終えるまで渋滞でしたが。

投稿: 自転車こぞう | 2007年10月28日 (日) 21時20分

こんばんは~。
お元気そうですね。

私も9月に「いろは坂」ツーリングに行きました。
…といっても、私の場合、バイクはロードバイクではないんですけどね。
川治から大笹牧場(霧降高原)を経由して日光まで行きました。
バイク3台で行ったんですが、多分1人だったらめげてましたね。
あの渋滞はなんなの~!って感じでした。
今、紅葉のシーズンだから、もっとすごいのでしょうか?

バイクは、もう寒いので、さすがにおしまいです。
自転車こぞうさんも風邪には、注意してくださいね。

追伸
このブログを見ると『自転車っていいかも』って思います。


投稿: なんちゃって・のだめ | 2007年11月 3日 (土) 00時38分

のだめサン、お久しぶりです(^o^)丿

伊南の紅葉も見所ではないかと思い、11/3・4と会津高原尾瀬口駅から高畑スキー場,駒の茶屋,古町温泉入って1泊、翌日は南郷,だいくら,山王峠,横川の里,湯西川温泉駅から輪行帰宅、なんて紅葉サイクリングを考えていましたが天気が思わしくないのでやめちゃいました(~_~;)

のだめサンはオートバイ、モトクロス派ですか、かっこいいんでしょうね! 私は中型免許しか持っていませんで、若かりしころはCB350Four乗ってました。最近オートバイは乗っていませんが125ccのオフロード良いかなと思っています。

日光の紅葉渋滞は凄いですね、オートバイか自転車に限ると思います。少し寒いですが!

1級受験できなくなると困るので、風邪には注意します(笑)
11/10もう直ぐ丸沼オープンなので、そろそろ準備開始です。

ps
自転車良いですよ! 是非始めてみませんか!! 御一緒いたします、姉御!

投稿: 自転車こぞう | 2007年11月 3日 (土) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/16967939

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の奥日光湯元;いろは坂クライム:

« 自転車シーズン終盤の目標 | トップページ | とれたてホップ »