« 鈍感力 | トップページ | 水泳20070512 »

2007年5月12日 (土)

信州ナチュラルビール

Img_0160 信州ナチュラルビール「ブロンドエール」と「シーズナル」(2007年-2008年は「ビエール・ド・ギャルド」)をお土産で頂きました。

まずはブロンドエールを1口。「う、~ン!? 深い、これは・・・・」が感想。好き嫌いがはっきり分かれる味かなと。初めて香菜(シャンツァイ)を食べたときの感想に似ている。もちろん香菜も好きです。
「浅間山系の水のみを使用し、副原料を一切使っていない自然発泡のビール」という文字だけで美味しいですし(笑)。
味が濃いというか、しっかりしている。 「ホップの効いた」といっていますが「あ!ホップ」というように最初にホップを感じさせるものではなく、「あ~ア!ホップ」というように考えればホップが効いているやといったホップ以上にビールの味わいが深いビールでした。

次いでビエール・ド・ギャルド、Bière de Garde貯蔵ビールという意味だそですが「フルーティーな香りとコク」とのこと。ヴァイツェンを飲みなれているので、「ちょっとフルーティー」ぐらいに感じました。甘い感じもするし苦味も強い、深い味わいと言えばいいのかも知れません。スタウトとラガーのハーフandハーフのような感じかな??
味は人それぞれの好みですし、その時々でいろいろ変わりますがこっちはもう良いかな!?

|

« 鈍感力 | トップページ | 水泳20070512 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/15302491

この記事へのトラックバック一覧です: 信州ナチュラルビール:

« 鈍感力 | トップページ | 水泳20070512 »