« スパイシーピザドック | トップページ | 水泳20061010 »

2006年12月 9日 (土)

キャンディーズと太田裕美さん

チラッとしか見られませんでしたが、つかちんサンに刺激を受けてプレミアム10「わが愛(いと)しのキャンディーズ」(NHK2006/12/4(月)22:00~23:30)ねた。
「わな」「アン・ドゥ・トロワ」あたりから解散コンサートのさわりあたりまでしか見ていませんが。
やっているのに気が付くのが遅く出遅れたのが悔やまれる。と言いながら睡魔に負けて途中で寝てしまいました(悔)
3人の中では藤村美樹さんが一番好きでした。それもあってか「わな」がお気に入り。
マニアックなところでは「プロポーズ大作戦」の「フィーリングカップル5対5」で使われていた「ラッキーチャンスを 逃さないで」(76/キャンディーズ)好きだったな! CDはゴールデン・Jポップ/ザ・ベスト キャンディーズ(SRCL4119-4120)しか持っていない。これには入っていないんだよな(涙)
当時の人気の度合い一般には「ラン、スー、ミキ」の順番でしたか。私は「ミキ、ラン、スー」の順でした。もちろんスーちゃんも素敵でした。

でも、なんと言っても太田裕美さんの大ファン。裕美さんもキャンディーズのオーディション(NHK歌のグランドショーマスコット)を受けていたとの話。伊藤蘭さんと同じ1955年1月生まれ。藤村美樹さんが1956年1月生まれ、田中好子さんが1956年4月生まれ。
スクールメイツで一緒の写真も見たことがあるような。落ちた理由は「ピアノもできるし、ソロデビューの方が良い」とされたからとか?
キャンディーズは1972年「歌のグランドショー」、太田裕美さんは1973年「ステージ101」共にNHKにレコードデビュー前に出ていましたっけ。

キャンディーズは1973年9月1日「あなたに夢中」でデビュー
太田裕美さんは1974年11月1日に「雨だれ」でデビュー

さらに12/7(木)13:20-13:55 テレビ朝日『徹子の部屋』、VTRに録画して見ました。
13年ぶりの『徹子の部屋』出演。22年前にも出ていたとか。
若いときも良かったけど今は今で、また素敵なお姉さま(お母さんですが)。
2007/2/8のコンサートが楽しみ。2006/4/15以来コンサート行けていないからな!

|

« スパイシーピザドック | トップページ | 水泳20061010 »

コメント

こんばんわ〜、自転車こぞうさん!!

キャンディーズ、最初から最後まで観ていたつかちんです。
「ザ・ベスト・キャンディーズ」には入っていないんですか!?
「ラッキーチャンスを逃さないで」。
うちの近所のレンタルやさんにあったのは、
同じベスト盤だったと思います。
うぅん、近所では、3つレンタルCDしているところがあるので、
ちょっと探してみよ。
太田裕美さんは、そうですよね、同世代ですよね。
こちらも今度聴いてみます。声好きです。

投稿: つかちん | 2006年12月 9日 (土) 23時46分

こんにちは。このキャンディーズのTV見たかったです。

私も昔はキャンディーズに夢中でランちゃんが

好きでした。

今甲府にいます。これから南アルプスでも

撮って来ます。

投稿: ogikubo | 2006年12月10日 (日) 07時46分

つかちんサン、おはようございます。
「プロポーズ大作戦」を見ていたので「ラッキーチャンスを逃さないで」が好き、と言う感もあります。
見ていなかった人たちにはひょっとすると「うん・・・」となるかも? だから「ザ・ベスト キャンディーズ」には入っていないのかも。でもこのベスト、アルバム未収録のシングル盤B面等19曲を初CD化「ファン必聴の極上BEST!!」、マニア向け?
最初の4曲はスーちゃんセンターで、どちらかと言うとマイナー調。「年下の男の子」で方針転換、ランちゃんセンターで明るい曲に。これが当たってヒット。
3人共センターを、と言うことで「わな」でミキちゃんセンターに。「微笑がえし」は曲の最中ローテーション。
良い曲多いですね!

太田裕美さんには思い入れが強すぎて、まともな見方聞き方ができない(狂)
強いて言えば「遠い夏休み」「君と歩いた青春」「振り向けばイエスタディ」「海が泣いている」あたりがお勧め。
ディスコグラフィにあるCDは4枚除いて全て所有。このURLから無料で試聴できます。

投稿: 自転車こぞう | 2006年12月10日 (日) 08時24分

荻窪さん、おはようございます。
南アルプスですか、いいですね。冬の八ヶ岳、好きです。
ある年の12月早朝、朝焼けの八ヶ岳を撮ろうとA1構えていましたが、最高のシャッターチャンスで切れない。寒さで電池がヘタってソレノイドが動かない。手で電池を暖めてシャッターが切れるようになったときには、既に朝焼けが薄れた後。
メカニカルシャッターのF1の凄さを感じた瞬間。せめて電池の替えを持っているべきでした。それ以来まともに写真に向かい合えなく(大げさ)

で、やっぱりランちゃん派ですか。つかちんサンと3人、女性の好みで喧嘩しなくてすみそうですね(笑)

投稿: 自転車こぞう | 2006年12月10日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/12994507

この記事へのトラックバック一覧です: キャンディーズと太田裕美さん:

« スパイシーピザドック | トップページ | 水泳20061010 »