« リバウンド?スイム | トップページ | ハーフセンチュリー茨城_下見? »

2006年10月 1日 (日)

EOS

よく考えれば当たり前の事ですが、ちょっと驚く事実を知りました。

デジタル一眼レフカメラは、コンパクトデジタルカメラとは違い液晶モニターでは撮影する前の画像確認ができない。つまり「液晶モニターで構図を見る」と言うスタイルに慣れてしまっていると、「あれ!!」状態。「なんで写らないんだ?→そうだよな、一眼だものな!」

フィルムの代わりのCMOSセンサーに入るべき光は、ミラーでさいぎられそれと同時にファインダに来るようになっている。シャッターを切るというのは、ある意味この状態を逆にする。つまりファインダーに来ていた光をCMOSセンサーに行くようにすること。だから、シャッターを切らないと画像データは電子回路に入力されない。だから液晶モニターでは見られない。考えれば当たり前なのですが、「デジタルカメラはファインダーを覗かず液晶モニターで」みたいな錯覚をしていました(笑)
スチールカメラ時代の感覚で、やっぱりフィルムに写るのと同じ感覚で電気的処理されていない生の光を、光のまま目で確認してシャッターを切る。でもスチールカメラとは違い結果はすぐに確認するために液晶モニターを使う。これがデジタル一眼レフカメラかな、など48_1と感心してみました、勝手に(*^_^*)

Canon EOS kiss digital X  か Nikon D80 ちょっと高いかな!

|

« リバウンド?スイム | トップページ | ハーフセンチュリー茨城_下見? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/12105018

この記事へのトラックバック一覧です: EOS:

« リバウンド?スイム | トップページ | ハーフセンチュリー茨城_下見? »