« 歩数計 | トップページ | 水泳20061015 »

2006年10月15日 (日)

猪ノ鼻峠と1.5回のアクシデント

2006/10/14(土)は、先週に引き続き水府-里美越え(正しくは大子-里美ですが)をしてきました。
下高倉-折橋サイクリングの10/09コメントの通り、猪ノ鼻峠越えです。
20061014_0005 20061014_0007
まずはハーフセンチュリー茨城_下見?
で間違えたところ、北酒出から久慈川の木崎橋(ちょっと怖い)-栗原沼を越えて久慈川CR(と言っても山田川なんですが)への正規予定ルートをやっと通りました。ま、リベンジと言ったところですが、2006ハーフセンチュリー茨城は10/13で申し込み締め切り、結局自信が無いので申し込みしませんでした。
20061014_0010 20061014_0008 20061014_0012 20061014_0015

山田川沿いに旧水府村和田、後は県道29-33-国道461で大子小生瀬。奥久慈りんごのふる里と呼ばれるところのようです。
国道461に入る直前「かべつきはし」からの眺め実物はもっと素晴らしい。この奥に滝があるらしい。センターラインもここから一旦途切れます。国道になったのに(笑)
持方入口付近はまた良い道になりますが、持方に入る道が見当たらない。車では無理でも歩いて行けるはずですが、西側の山越えられそうも・・・。流石は「安寺・持方、山ん中」です。次は武生林道
で持方から入合なんてのも体力あったら行って見たいな。
20061014_0017 20061014_0019 20061014_0021_1 20061014_0024

小生瀬十字路から県道22号いよいよ猪ノ鼻峠です。若干色付いてきた感じの山、大子ふれあい牧場の入り口で写真を。え、後輪に亀裂が、しかもチューブが顔を出している。これが0.5回のアクシデント困った、このまま走ってはいけない。そうだ、パンク修理用のパッチをタイヤの内側から貼れば良い! でも、おうちゃくしてはいけない。タイヤを外さずに作業をしてしまった。気を付けたつもりでも後で後悔する事に。そのときはアクシデントを未然に防いだつもりで気分良く峠を越えていきます。奥久慈憩いの森を過ぎ、猪ノ鼻峠一里塚ロードパークでトイレ休憩。思ったよりは猪ノ鼻峠きつくも無く国道461の方がきついかな、水府-大子越えの方がしんどかったかも。で、快調に下って里美小中へ、流石に汗を掻いた後レーパンにTシャツ1枚だと寒すぎ(~_~;) 国道349に出て東北福島県を目指す。
ところがちょっと走ったら“ばーン!”瞬間しまった!やっぱりチューブ咬んでたかな(涙) やむなくチューブ交換、かなりの時間ロス。今度は慎重に作業をしました。5回目のパンク、2千km強では多すぎ。日ごろの行いかな?!
20061014_0026 20061014_0029 20061014_0030 20061014_0032 20061014_0034

でも、初東北福島県!またも快調に走り出し、東館を目指す。時間があれば「湯遊ランドはなわに行きたいところですが今日は16時までに戻らなくてはいけない、出発も9時と遅すぎました。国道349から118号へ、南下して大子を目指す。
Photo 久慈川CRを走って水郡線輪行が理想ですが、この時間帯水郡線まったく列車が走っていません(東舘→水戸、11:00の次は15:19)。でもパンクのおかげで大子始発13:51水戸行きも怪しくなってきた、急がねば(って、写真とっている暇あるの?)。水郡線も飛び乗り状態、何も買えずに結局は昼食無し、痩せるにはいいのですが(笑)
20061014_0035 20061014_0036

まずは切符を、でも自動券売機が調整中。窓口で「大宮までお願いします」、「常陸大宮ね、650円」そうでした、大宮と言ったら埼玉まで行かなくてはいけない。流石は地元、分かっていらっしゃる。そんなことをしている場合ではない、自転車をばらして輪行袋に入れなくてはいけない、発車まで5分も無い。って、そこは水郡線。これを逃すと次は15:38、16時自宅着はありえない。「いいよ、中でやれば」と駅員さん。ということでホームでタイヤを外した段階で扉が開いて、フレームのみ袋に入れて列車に持ち込んじゃいました。中はガラガラ、まったっく問題のない状態。そのまま常陸大宮に、袋に入れているからいいのかな(笑)
常陸大宮14:33着、駅の案内係りのお姉さんが珍しい格好と自転車を見かけていろいろと話しかけてきてくれたので、つい調子に乗って長話。14:50いけない間に合わなくなる。
20061014_0037 20061014_0041 20061014_0043
後は冷たくなってきた風に負けないように、富岡橋-国道293-宇留野圷橋-久慈川管理道路-木崎橋-南酒出と戻ってきました。ここで流石にハンガーノック、非常用カロリーメイトを1袋。生き返った(ホ) 後は国道349をのんびりと帰宅。

ぎりぎり間に合った、なんともいえないサイクリングでした。
茨城と福島2つの久慈川CR、ちょっとだけですが1日で走れたのも面白い。

そろそろTシャツ1枚は止めよう!

走行距離109km、平均速度22.6km/h、最高速度52.8km/h、
2006年累計走行距離2105km。

|

« 歩数計 | トップページ | 水泳20061015 »

コメント

>思ったよりは猪ノ鼻峠きつくも無く
さすがです!山田川で拝見したときも「力強い走りだなあ」と感じました。えっ!ハーフセンチュリー出ないんですか?僕なんてひょっとすると回収車のお世話になるかもですよ…。
それにしてもカロリーメイト1つで走りきってしまうとは。僕は食べすぎですね。

投稿: ほんだ | 2006年10月15日 (日) 19時39分

こんにちは。

パンクは大変ですね。

昔サイクリングに行って10回くらい

パンクしていやになった記憶があります。

投稿: ogikubo | 2006年10月15日 (日) 20時08分

ほんだサン、コメントいつもありがとうございます。
思ったより”ですので。先週の国道461号がかなりきつかったのと、下高倉で写真を取っていたとき地元のおじさんとお話をしまして「猪ノ鼻峠はきついよ!」と言われていたので、“思ったよりは”です。
昼食は時間が無かったのと、いつもお腹に大量にお弁当を積んでますので、「脂肪」と言う名の(笑)

荻窪さん、そうなんです。
パンクは大変、急いでいるときに限って起きるんですよ。
最下段の写真左は宇留野圷橋です。真ん中が久慈川東岸から南に伸びる管理道路。
荻窪さんのような上手い写真はなかなか取れなくて(~_~;)

投稿: 自転車こぞう | 2006年10月16日 (月) 05時57分

こんにちは。

宇留野圷橋了解です。

ここはいいところです。

写真は感性で撮っています。

自転車こぞうさんも自転車に乗りながら

これはいいと思ったらシャッター切って

ください。きっといい写真になりますよ。

投稿: ogikubo | 2006年10月16日 (月) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/12281535

この記事へのトラックバック一覧です: 猪ノ鼻峠と1.5回のアクシデント:

« 歩数計 | トップページ | 水泳20061015 »