« 1999年9月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月20日 (日)

プロポーションチェック

フィットネスクラブの特別プログラムで「プロポーションチェック」なるものを500円で行っているので、本日2006/8/20やってきました。
ようは単に体脂肪を測るのですが、一般的なインピーダンスによる測定ではなく超音波エコーを用いるようです。
腕の裏側の皮下脂肪厚、太ももの前側皮下脂肪厚を超音波エコーで測定し、後は身長,体重,ウエスト(腹囲),性別,年齢から統計処理して推定するもののようです。
結果は8mm,8mm,178cm,72kg,85cmで、20.8%と出ました。ちなみにその直後インピーダンス方式の体重計付き体脂肪率計で測ったら71kg,20.9%、何だ私の場合同じじゃないか。
今後は体脂肪率計のデータを信じていいんだ。
で、とりあえず体重64.7kg,体脂肪率15%,脂肪量9.7kgあたりを目標に、再度フィットネス(ダイエット)に挑戦しないと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

2日連続100kmサイクリング

昨日の反省を元にもう少し早め5:30スタート。曇り空のためかまだちょっと暗い感じ。
25 24 28 3031 34
留大橋から久慈川サイクリングロードを、さらに里川を新茅根橋までさかのぼり、近くのコンビニで朝食。
南下して、水郡線の谷河原駅に。あらま、ずいぶんと綺麗になってしまったこと。昔は看板しかなかったような??
さらに山田川に向かい、久慈川サイクリングロードに戻る。R6の榊橋を東海村に渡り久慈川の南岸河川敷を留大橋へ。
このころは既に日が高くなり気温も上昇。一旦帰宅することに。
コンビニで頭から水をかぶって、9時に帰宅。とりあえず65.5km_平均21.0km/h。

あまりの暑さに、フィットネスクラブのプールへ。ついでに背泳ぎと平泳ぎ、ターンのスクールへ。
久しぶりのクイックターン、背泳ぎ-背泳ぎのクイックターンも何とかまともにできてよかった。サボらずにコンスタントに行かねば。

涼しくなってきた17時に再び走り出す。今度は那珂川に。東風が強く、西に向かうのは気持ちいいですが、東に向かうのは辛い!
暗くなることを覚悟してフロント/テールライトを持参。始めてライトを付けての走行でした。
涼しくは有りますが、夕方よりは早朝に方が走りやすいですね。

ま、何はともあれ2日連続100kmを達成。これで銚子への1泊2日200kmサイクリングの自信がつきました。涼しくなったら考えて見ます。

走行距離100.5km、平均速度21.6km/h、最高速度44.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

午前中100kmサイクリング

朝の涼しいうちにサイクリングと思い立ち、6:30に家を出て日立港-久慈川サイクリングロード-R293-辰ノ口親水公園-日立港まで戻ってR245をひたち海浜公園-阿字ヶ浦-12時帰宅の午前中100kmサイクリングに行ってきました。
06_1 07_1 09_1 10 11 13 15 17 18 21
以前7/8に辰ノ口親水公園で、お蕎麦を食べたのですがそのときは「ざる蕎麦」。ところが回りを見るとほとんどが「天付きざる蕎麦」なんと50円しか違わないのです。あの天ぷらが50円。悔しくてリベンジと思ったのですが。
いくらなんでも着いた時にはまだやっていませんでした。11時からとの掲示板。やむなく帰ることに。
展望台に行ってみようかとも思いましたが、前回とてつもない坂道で息が切れたのを思い出し、素直に帰路に着く。

留大橋手前の久慈川サイクリングロードでビシッとウェアーの決まったロードレーサーにあっさりと抜かれ、思わず「速」と言ってしまいました。付いて行こうと試みましたが、35km/hでもどんどん離される。1分もしないうちにあきらめる(情けない)。

橋の下の日陰でしばらくお休み。気を取り直して日立港方面に。暑い!
今日は曇りのはずでは? 炎天下はきついな。

久慈大橋からはR245を南下。交通量が多い割には路側帯が狭くて怖い。勝田マラソンのコースを逆走する感じでなんか面白い。でも暑い、ひたち海浜公園で水を頭からかぶって、Tシャツも濡らしてそのまま着る。なんて気持ちいいのだろう。

気を取り直して常陸那珂港へ。あらま、展望台なんてあるんだ行ってみよ! 阿字ヶ浦海岸も見えるんだ。
でも金曜日だしお盆休みも終わっている人が多いのか、台風の影響で波も高いし人では少ない。駐車場の呼び込みの人も退屈そうでした。でも、走るのにはちょっと邪魔な位置に立っていて車が来ると容赦なく旗を出す。
ま、生活掛かっているからやむを得ないか。

海岸から西に向かうと阿字ヶ浦駅、思わず写真に。後は熱気と戦いつつ12時に自宅到着。
何度となく休憩が必要な炎天下サイクリングとなりました。

走行距離101km、平均速度23.1km/h、最高速度40.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅪ 2006/8/13 烏山と御前そば100kmサイクリング

一応8/12から夏休みなのですが、8/12は出勤。休みに会議設定するなって(怒)
と言うことで、2006/8/13烏山に行ってきました。8/12と違って雨降らなくてよかったですが。
毎週末100kmサイクリング、10回目。1泊2日那須サイクリングの前半下見的に。

まずは那珂川をさかのぼり御前山から栃木県へ。栃木に入ってすぐ、国道123号新那珂川橋前から那珂川の右側を北上。
栃木県道338号-27号 道をちょっと間違えて大瀬橋に出てしまった。ちょっと引き返して、牧野-入郷-小原沢 が鬼のような坂道。
水を切らしてしまって、脱水症状直前(って、大げさ)。
平坦になった最初に見つけた駄菓子屋(ちょっと失礼?)で、アイスクリームを。一気に食べたら、頭がキンキン!
元気を付けて、下野大橋を西岸に渡って国道249号で烏山駅到着。駅はレトロな感じでいい雰囲気。駅前通りも綺麗だし。
繁華街?を散策。ちょうどお昼なので蕎麦屋でもと思ったが見つからず、回転寿司・ココスを発見するも激込み。
そうでした、皆さんお盆休みのしかも日曜日のお昼、すいているわけも無く。

やむなく、国道294号を南下することに。ここで感激。烏山の道は路側帯に「自転車専用」と白線で書いてある。
でも、街中から離れると道も細くなり路側帯?それはどこ?状態。しかも幹線道路?のため大型トラックとか、・・・怖い。
さらにはアップダウンが、炎天下だし、もっと体力つけなきゃ。
途中で東に折れて県道338号-大瀬橋-牧野で戻ってきましたが、既に「バテバテ」。そばの里まぎの
も激込みであきらめる、お腹空いたな(涙)。

14時前にやっとの思いで国道123号那珂川大橋に。キャンプやカヌーで大勢の人。その先の御前そばにやっとありつく。味は、「次はいかないかな」と言った感じ。
炎天下、熱中症になるかと思いそうな状態、クーラーと美味しい冷たい水は最高でしたが。
この時期の日中、自転車は控えた方が良いのかな(汗)

ふらふらになりながら国道123号、那珂川河川管理道路と帰ってきました。

走行距離116km、平均速度21.5km/h、最高速度45.8km/h。


ここで回顧録は一旦終了。後は既に記載2006/8/18・19の100kmサイクリングに続く。
10回目と有っても2回は90kmだったので8/18・19を入れると10回。
1週に2回ということもあり8/26・27週末はサイクリングを久々にお休み。
はたして来週は再開できるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅩ 2006/8/5 大子ブルワリーと森林の温泉100kmサイクリング

9週目となる週末100kmサイクリング、今週2006/8/5は「大子ブルワリー森林の温泉」。
比較的近場と思いきや、国道118号経由大子ブルワリーまで63kmありました。
出だしは得意の久慈川をさかのぼる。始めは西岸、栄橋から東岸へ。
まずは辰ノ口親水公園へ。そこでペットボトルミネラルウォータ購入。さらに北上。
ここからが思ったよりきつい。車は来ないが坂が・・・・。
小貫橋を過ぎ堰上橋を西岸に渡って旧山方町から国道118号を北上。
118号は思ったより走りにくい。自転車には不親切。

やっと大子駅に。暑かったので駅横のコンビニでアイスクリームを購入。
涼しい店内、おば様たちの憩いの場と化していましたが、テーブルと椅子が有りそこでゆっくりといただきました。

外は既に暑いが頑張って国道461号を県境に向けて上っていきます。
え、でも実際走ってみたらほとんど標高は高くなっていない感じ。大子ブルワリーまではそんなに上らなくてすむようです。
途中に横浜ゴムD-PARCがあり、程なく大子ブルワリー。
11時オープンとなっていましたが、10分前に着いたら既にやってました。
まずは、ヴァイツェンを! 銀河高原、ネストに比べると、普通のビールに近い感じ。
ヴァイツェンが苦手の人にはいいかもしれません。 酵母と小麦の量が少ないのかな??
ダイエット中なので、軽そうなナポリタンをいただいて、まずまずの美味。

森林の温泉への近道と思ったのが大きな間違い。フォレスパ大子を抜けて行ったのですが、なんとかなりハードな山越えになってしまった。
炎天下、あの坂はきつすぎ。おかげで温泉の気持ちよさが倍増(~_~;)
それにしても、8月最初の土曜日、フォレスパ大子は激込みでした。
お風呂は以前行ったときは男湯と女湯が固定されていましたが、今回は以前と逆。
露天風呂が山側の方になっていた。交互にしたのかかな??
で、その露天風呂が熱い。お湯ではありません、炎天下で床が熱くて歩くのが辛い。
途中で床に水道水をまいてしまいました。
でも、お風呂は気持ちよく、その後涼しい休憩室で一眠り。

大子駅前のロータリーでは、TVのロケをやってました。初めて茨城でロケ現場を見ました。
がきんちょ~リターン・キッズ
7月31日スタート 毎週(月~金)ひる1時30分 全45話
「タイムスリップした1988年の故郷・大子町が舞台。ロケをふんだんに取り入れ、懐かしい田舎の風景をたっぷり」
9月ごろの放送分だそうです。俳優さんは3人でしたが、スタッフは大勢。
山崎銀之丞 は 分かったのですが、女優さんと子役は?? 有森也実,吉川史樹かな?

梅雨のあけた炎天下、気温も高く、軟弱を決め込み「常陸大子-常陸大宮」間は輪行しちゃいました。
水郡線気動車の中はとっても涼しかった(笑)

常陸大宮からはいつもの久慈川河川敷を、でも選挙カーが走っていたのには驚き。こんな狭い道を。

走行距離101km、平均速度20.1km/h、最高速度48.0km/h。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅨ 2006/7/29 初本格輪行「日光」100kmサイクリン

実は7/16に、念願の輪行袋とLEDライト(サンデン LD-703)を購入しており、先週の142kmも「いざとなったら輪行で帰宅」という気持ちがあってできたことでした。
で、輪行袋を使った本格輪行に初めてトライ。

2006/7/29、まだ薄暗い霧の中、LEDライトを付けて最寄り駅へ。ちょっと幻想的(笑)
水戸線始発電車で小山に向け出発。目的地は日光。宇都宮線、日光線と乗り継いでの旅。偶然にも夫々の電車の終着駅の名前がそのまま路線名。

「事前に袋に入れる練習を」と思っていましたが、いきなり本番。何とかなってよかった(笑)。
でも、思ったよりは大きいし、乗っていて軽い自転車も肩紐で担ぐと意外と重い。
切符を買おうとしますが、朝早く自動販売機では日光まではない。ま、電車の中で買うか。
電車は切符のこともあり最後尾に。手すりに輪行袋を固定して、ま空いているからいいかな状態。ちょっとうとうとと。

小山駅でパンとおにぎりを購入。意外と込んでる宇都宮線ではちょっと食べる勇気がなく、自転車も他の乗客の目がちょっと気になる状態。
日光線でやっと朝食。車窓からの眺めも満喫。

日光駅でいよいよ自転車を組み立てますが、バラスのより時間が掛かってしまったのと、チェーンの油で手が真っ黒(涙)
8時半前から行動開始。まずはR119をちょっと上って、いつの間にかR120。R119との切れ目はどこなんだろう?
何はともあれ東照宮へ。時間が早いからか思ったよりガラガラ。記念写真を撮ってちょっと早いけど帰路につく。

日光から宇都宮は、R119下り坂。こがなくてもいいのかと思いきやそうもいかず。でも杉並木は気持ちよかった。
旧道は舗装が悪かったり、未舗装だったりがたまにきず。ロードレーサには可愛そうなコース設定となってしまった。
また、R119は道が狭いところがあるは、大型車はとばすはで、ちょっと大変。
さらに極めつけは猪倉街道入口付近で前輪がパンク。ついていない。
チューブを交換して、気を取り直し宇都宮市街地へ、そこでまたまた災難が。
久々の立ちコケ、歩道でよかった。
信号で止まろうとしてビンディングペダルを外してブレーキを掛けていたのですが
左足を着こうとしたのに、足が上がらずに足を着く動作、つまり踏み込んでしまった。「ガチャ!」え?!
カッコ悪!他人の目が気になりました(笑)。幸い怪我も無し、自転車も無事。

気を取り直して、宇都宮と言えば「みんみん」餃子かなと思い、探したけど動揺していたかなかなか見つからない。ちょっと道に迷う。
11時半が開店で11:35にやっと見つける。で、でも、既に長蛇の列。やむなく駅の東側の蕎麦屋で十割盛り蕎麦を食べて、茨城に向け走り出す。

曇りの予報が結構晴れていて、暑い。祖母井-茂木あたりはちょっと大変。茂木では祭りのようでちょっと迂回。
御前山、那珂川大橋付近ではカヌーやらバーべQ、キャンプと多くの人手。
ちょっと小休止的に道の駅かつらで、柚子とブルーベリーのジェラートを!気温と疲れもあってか絶品でした。

その後は那珂川沿いに快適な河川敷道路を快走して帰ってきました。
コンビニでビールを購入。帰宅するなりお風呂でビール、これが一番!!
延べ130km。宇都宮で道に迷った割には平均20.7km/hと下り坂のおかげかな。

輪行の楽しさにはまりました。次はどこに行こうかな?

最終的には「奥日光往復自転車1泊2日延べ300km」が目標。
「1日で帰って来られる可能性有り」まではきました。課題は上り坂。いろは坂は厳しそうだな!

1年前、自転車始めた時の目標は「2005/秋、片道100km銚子向け1泊2日、2006/春、標高のある100km那須向け1泊2日。2006/秋には奥日光」
どれもできていません。せめて、銚子と那須は年内に! 無理っぽいかな??(笑)

走行距離130km、平均速度20.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅧ 2006/7/22 つくばリンリンロード100kmサイクリング

7週連続で週末100kmラン、サイクリングしてきました。今までの最長で1日142kmとなりました。
まず国道50号を岩瀬に。思ったより走りやすい道路でした。
前日の飲み会がたたって予定より遅い7:30に自宅を出て9:30に岩瀬駅に到着。
ここまで思ったより遠く50km。でも平均速度は25km/h、自分でも驚き。

駅を散策していたら、ちょっと自転車が邪魔になっていたらしく、タクシーの運転手に怒られてしまった。
謝って、退散(笑)
お祭りのせいか、人出が多かった。

気を取り直して、つくばリンリンロードのスタート点を探す。なかなか見つかりませんでしたが、反対側にやっといけました。
場所が分かったら、お昼の準備。近くにコンビニとか見つからず、50号まで戻る。
カスミを発見、お弁当と飲み物を購入して10時につくばリンリンロードスタート。
でも、その前に信号で立ちコケ。やっぱり飛ばし過ぎて疲れていたのかな(単なるどじ?)。でも怪我も無くホ!

加波山/筑波山を左手に気持ちの良いサイクリングロードです。もう少し天気が良ければ最高なのだが、雲が出て景色は今一。
多少小雨に祟られましたが、さほど濡れることもなく。筑波山口でお弁当休憩。1日早い土用の丑の日、鰻まぶし丼。

12時前には土浦駅に到着で、ここまでで90km。
つくばリンリンロード
旧関東鉄道筑波線の廃線跡地、踏み切り部分は逆にサイクリングロード側が一時停止。
でも、後半頑張って平均速度は25km/hを維持。
ちょっと疲れたのと汗をかいているので、
湯楽の里土浦店
で温泉休憩。
うきうきぶろが、とっても気持ちよかった。それ以外も内風呂にいろいろあって、露天風呂も気持ちよくゆっくりしてしまいました。

帰りは6号を北上。流石にゆっくり目となりました。最終的な平均速度は22.1km/h、最後はバテバテ。

つくばリンリンロード、今度は天気の良い時に土浦→岩瀬も走ってみたいので、桜の時期にでも再チャレンジしてみたいな!

走行距離142km、平均速度22.1km/h、最高速度49.8km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅦ 2006/7/15 道の駅いたこ_二股炭酸カルシウム温泉100kmサイクリング

2006/7/15は、6週連続で週末100kmラン、サイクリングしてきました。
今週は国道51号を潮来市まで。
鹿島スタジアムではオールスターサッカーがあるようで、昼なのにイベントで人がいっぱい。

JR鹿島線/鹿島臨海鉄道の鹿島神宮駅に立ち寄り、鹿島神宮前でお蕎麦をいただきました。
蕎麦屋の能書きはいろいろ立派でしたが、味は・・・・。もっとも特選の十割蕎麦が売り切れていたのも敗因。

気を取り直して神宮橋を越えて潮来市へ。潮来IC手前の道の駅いたこで足湯に浸かって疲れを癒します。
人工温泉ですが二股炭酸カルシウム温泉。200円でした。名物と言う飲むヨーグルトも美味。

また、臨時で隣の空き地を駐車場にして、鹿島スタジアムへの無料シャトルバスも出ていました。

帰りは新神宮橋を通り、51号を北上して戻ってきました。14時ごろでしたが鹿島神宮駅への交差あたりから既に渋滞が始まっていました。
こういうときには自転車は優越感(笑)

とっても暑く日差しも強い、日焼け止めクリーム塗っておいて良かった。
51号は海岸が近いので、ところどころ急に冷たい空気になったり気持ちよかったです。
鉾田のミニストップで小休止。アイスがとっても美味しかった。地元のおじさんとの会話も楽しかったし。

帰り、後4kmというところで雨にたたられましたが、この時期にしては天気も良く気持ちのいい疲労感でした。
そういえば梅雨でも毎週サイクリングできているな。日ごろの行いかな(笑)

走行距離130km、平均速度21.7km/h、最高速度49.1km/h。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅥ 2006/7/8 初茨城県外100kmサイクリング

7/8は、初めて茨城県外に自転車で脱出してきました。
栃木県「ツインリンクもてぎ」へ。単に茨城県外を目指しただけですが(笑)

国道349号の万代橋から那珂川を上ってきました。御前山の那珂川大橋を北に渡らず、那珂川の南岸の県道39/212を栃木県方面を目指す。
栃木県の看板を見て、ちょっと感動! ついでにツインリンクもてぎ
まで行ってみました。
入場料を払うのはもったいないので、北ゲートの前までですが、アクティブセーフティトレーニングパークの低μ路コースの音はよく聞こえました。

その後、常陸大宮市の辰ノ口親水公園へ。そこのそば処しんすい庵でお蕎麦をいただきましたが、これがちょっと涙。ざる蕎麦と天付きざる蕎麦の価格差が50円。つまりあの天ぷらが50円。
天付きざる蕎麦にしておけばよかった。よく見ないで頼んでしまったのです。でも蕎麦は美味しかったですよ。
お腹を満たしたので、展望台からの景色を、これには感激。でも、上り坂道が鬼のようにきつかった。
さらに、常陸太田経由で国道349号で帰ってきました。

帰りがけモスバーガーで「ナンカレー」をいただき、疲れも忘れて。

もう一つ初めてが。御前山から常陸大宮の途中県道21号線で、後輪がパンク。予備のチューブを初めて使いました。持っていて良かった。
比較的簡単に交換でき、翌日はパンクをきちんと貼りました。でもパンク修理したチューブを予備チューブとして持ち歩いていていいのかな??

走行距離120km、平均速度22km/h、最高速度54km/h。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅤ 2006/7/2 初輪行100km弱サイクリング

先週6/24に引き続き100kmランをしてきました。と言ってもちょっと足りなく90.7kmとなりましたが。
本当の目的は、先週フライングでゲットできなかった「常磐線ステーションクイズ」をリベンジ。
実施している最北端駅「岩間駅」でも行ってみようかと。雨が気になりましたが思ったより天気がもちそうです。

まずは国道50号を内原へ、南西に折れ友部、常磐線沿いに走り(ちょっと道に迷い)国道355号で岩間駅に到着。
ステーションクイズの最北端駅「岩間駅」でとりあえず問題をゲット。改札を入らなくてもいい待合室?にありました。
思ったとおり、問題は簡単。答えが「JR東日本 小さな旅 2006 ときわ路の夏」にちゃんと書いてある。

天気も良くなり晴れ間も出てきました。羽鳥にも行ってみようと思い国道355号をさらに南下。
岩間以南は予定していなかったので地図を確認していかなかった。そのせいもあり気持ちよく走っていたら羽鳥駅を見落とし(標識あったかな?)、気が付いたら石岡駅に付いてしまいました(笑)
ま、石岡駅にもステーションクイズがあるはずなので探してみました。ん、見つからない。
思い切って駅員さんに聞いてみるとなんと改札を入ったところにあるとのこと。
このとき12時、お腹も空いてきたが美味しそうな所は見つからないし、雨も降りそうになってきたし、鹿島鉄道が今年度で廃止とか言われているし、鉾田には美味しい蕎麦屋さんがあったのを思い出し。
なんといっても、鹿島鉄道は自転車をそのまま車両
載せられるので、超簡単な衝動的_初輪行することにしました。

でも、石岡駅で乗るのはちょっと難しかった(笑)
改札はJRと同じ、でもそこからは自転車をそのままは持ち込めない。ぐるっと回ってくださいと。駅の裏側に行っても良く分からない。
思い切って線路に乗り込んでいってホームに。結構楽しい。皆さんも是非経験してみるといいと思います。
あ、結局石岡駅のステーションクイズ忘れてきちゃった(涙)

実はこれが初めての輪行。でも、通常は輪行袋が必要なので鹿島鉄道は特別。輪行はいいですね、他でもできるように輪行袋が欲しくなってきました(*^_^*)

石岡12:31-13:24鉾田_間27.2km_53分_平均31km/h_\1080
鹿島鉄道一日フリー切符
でも¥1100。こっちにすればよかった(T_T)

小川高校下あたりで雨が、鉾田に着いたら雨が本降り。駅で少し小降りになるのを待つことに。
14:15頃にやっとパラパラに。多少ぬれながら、新鉾田駅経由して蕎麦屋「村屋東亭
へ。

たぶんですが、二八かな。でも香りが最高、もちろん二八ならではの歯ごたえと喉越し。
蕎麦湯が来て納得。打ち粉をふんだんに使っているんですね。埼玉からのお客様もいました。そのお客様とお店の方の話を聞くともう少し遅くなったらしまってしまう時間だったようです。よかった!

お腹が満たされた後は、国道51号を北上して帰ってきました。先週とは逆周りでした。
雨模様でチョイ乗りの予定が結果100km弱。このあたりで毎週末100kmランを考えました。

回顧録partⅣでトラックバックしてくれた「よるの黒茶」さんのにもありますが、鹿島鉄道頑張って欲しいですね。沿線の声援は多いようです。

走行距離90.7km、平均速度21.2km/h。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅣ 2006/6/24 霞ヶ浦湖畔路100kmサイクリング

先週6/17に引き続き100km超ランをしてきました。
国道51号線を南下。大洗の海岸線を気持ちよく走り、県道2号線で鉾田に。
鹿島臨海鉄道の新鉾田駅、鹿島鉄道の鉾田駅に立ち寄り、
もうすぐ廃線の鹿鉄沿いに玉造/霞ヶ浦大橋に。巴川駅辺りから鹿鉄沿いに走る道を探すのが難しくなる。
行方市役所玉造庁舎を過ぎ霞ヶ浦大橋方面を目指す。
梶無川から霞ヶ浦東側湖畔路を愛郷橋まで。向かい風でしたがとっても気持ちよく快走。
常磐線の高浜駅から石岡駅を目指す。
「あれ? 常磐線ステーションクイズがない??」
はい、そうでした。よくよく調べたら7/1からだった(~_~;)
JR東日本 小さな旅 2006年夏号」をよく読まなくては。
ひと足先にロケ地をめぐろう」で 夜のピクニックとフラガールの情報も載っています。ネット上の情報は変わっていくでしょうが。

石岡駅からは6号線を北上して帰ってきました。

天気も良く、景色が最高。霞ヶ浦の湖畔路はとっても気持ちよかったです。

走行距離115.1km、平均速度20.2km/h、最高速度51.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (1)

回顧録 partⅢ 2006/6/17 鵜来来の湯へ100kmラン

2006/6/17に初めての100kmランをしてきました。6/10のリベンジ的に。
久慈大橋から国道245号線を北上。お魚センターができてから初めて国道245を通りました。
水木-河原子までは海岸線の市道、波が荒く海岸線が霞んでいてなかなか良い気分で走ってきました。
でも思ったより道路の継ぎ目のような段差がちょっと気になりました。
日立駅の東口を過ぎ浜の宮らせん橋から6号日立バイパスを卸売市場に、そこからはなるべく海岸線を市道で川尻の十王川まで。
そこからは6号をちょっと上れば目的地「うららの湯」。


鵜の岬を散策後温泉に。露天風呂からの眺めはなかなかのものでした。疲れてもいたし、サイクリングの途中の温泉にはまりそう。

ということで、眺めの先にあった高萩まで足を伸ばしてみました。そうしないと100kmになりそうもないので。
特急のターミナル駅のはずが、駅は東側も西側も・・・・。ま、そういうものでしょう(笑)

帰路は無難に国道6号を南下。いつも自動車で走るのであまり気になりませんでしたが、結構アップダウンが激しい。
石名坂の下りでちょっとスピードを上げたら車の左側を抜いていく。先の信号で詰まるからかもしれませんが、ちょっとスピードに怖くなってきました。
走っている最中は速度計を見ることができず、「小石がないこように!」と祈るのみ。後で最高速を見て驚き! 72km/hでした(怖)
これ以来、馬鹿みたいにスピードを上げるのを控えています(安全運転義務違反どころか、明らかに最高速度違反??)。

何とか初めての 超100km/日のサイクリングとなりました。

走行距離100.8km、平均速度20.6km/h、最高速度72.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅡ 2006/6/10 西金砂そばと三太の湯 プチヒルクライム

「毎週末約100kmサイクリング」をまだ意識はしていなく、天気も良いので「蕎麦と温泉を目的のサイクリング」。
ちょっと乗っていなかったから程度で。

国道349号線 幸久橋から久慈川-山田川をさかのぼり旧水府村へ。
県道29号線 棚谷の峠越え。プチとはいえ初めてのヒルクライム、達成感を味わうよりは苦痛の一言。
何とか二桁km/h以上(10km/h維持)と思いつつ、8km/h以下に何度も陥るありさま。
とうとう途中で一休み。ビンディングペダル外せてよかった。
気を取り直してスタート、やっとの思いで峠を越えると「助かった」と声に出てしまった(笑)

気持ちよく下って、またちょっと登って「西金砂そばの郷 そば工房」へ。あら、東京からの観光バス。団体さんで激込み。
しばらく待って「野菜天ぷら付き十割そば大盛 2050円」待ったせいもあって、これが美味。
まずは半分つゆ無しで、そばの風味を存分に楽しむ。

おなかを満たして旧山方町へ、再度ヒルクライム。市境過ぎてすぐ「三太の湯」の旗が。山道を右折(北上)が近道なのかな?
ところが鬼のような上り坂、草刈をしていたおばちゃんに「いや~、大変だわ!」と激励?を受けました(笑)

県道249号線の終端(?;後から地図で推測)からやっと下り、県道322号で三太の湯へ。
疲れきったときの温泉は最高。筋肉を休めて、さらにベッド式マッサジの実演を行っていたのでただでマッサージまで受けてしまいました。

その後は久慈川沿いに帰ってきました。R118から山方宿南(R118旧道との分岐点)手前の久慈川の堰上橋を東岸に渡り川沿いに南下。
小貫橋から先は道も悪く昨日の雨でとてつもなく大きな水溜り。ロードレーサにはかなり厳しい道。あげくのはては「行き止まり」(涙)
気を取り直して比較的舗装のいい道を、またしてもこれが行き止まり。
結局辰ノ口親水公園に抜ける丘越えの道しかなかったと言うことを帰宅後地図で知るはめに。
結局R118を大型トラックの恐怖に絶えつつ辰ノ口橋を渡り久慈川の東岸へ、県道165号-国道293号、
宇留野圷橋からは久慈川の東岸舗装された河川管理道路を栄橋まで、ここで歩道のない交通量の比較的ある栄橋を車の途切れたのを見計らって西岸に。
さらに、西岸の管理道路を進むと、新しい橋の工事現場に。ありゃりゃ!やむなく自転車を担いで下の道路へ。
常磐道をくぐり、水郡線を横切って帰ってきました。

「あと10kmで100kmか、その辺ぐるぐる走ってこようかな?!」とも思いましたが、体がいう事を聞きません。
帰宅してお風呂でビール最高でした。やっぱり自転車は平地が良いなと思わさせられた1日となりました!

走行距離90.4km、平均速度20.4km/h、最高速度48.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録 partⅠ 2005/5/1-2006/5/21

自転車を購入したのは2005/5/1。
所謂ギア付きのサイクリング自転車と思って、5万円程度を考えてサイクルショップへ。
「どんなのがいいですか?」とのお店の方に「ロードレーサー」と応えてしまった。
「ご予算は?」、回りを見ると最低でも十数万。とりあえず5万円とは言えず「10万円程度」と言ったら
Mongoose 2004 Cipressaを12万円で購入することになりました。
「ペダルはどうされますか?」の問いに、「え、ペダル付いていないの??」状態。
「輪ッカが付いているの有りますか?」に対して、「今時はそういうのはもうありませんね、ビンディングペダルと言うのになりますが。でも慣れるまでは普通のがいいですよ」と、結局ノーマルなペダルになりました。
その後、ヘルメット、グラブ、サイクルコンピュータ、レーパン、輪行袋etc. 結局なんだかんだで19万円くらいは使ってしまっているようです。

それでも、自転車と呼んではいけないような軽快な走り。いきなり80km程度走ってきました。自分でも信じられない出来事でした。
ノーマルペダル時期には、約300km程度走ったようです。

2005/10/16にビンディングペダルとシューズを購入。サイクルショップに行くまでは「シマノのHPを見て、PD-A520かPD-M545とSH-T071 と思っていました」が、結局PSD-SLのPD-6610とSH-RA80を勧められるままに。メーカー希望小売価格(税込) 9,030円+8,820円→8127+7938=16065円でした。

でもここから、自転車を乗れない日々が続きました。怖くて公道に出られない(涙)
2005/11/19にやっと公道デビューとなりました。ギアを落とさなくても加速できる。引き足が使えるのってこんなに凄いんだ。
でも、止まるときはいつもひやひやもの。

これからバリバリ乗るかと思いきや、ずいぶんと寒い季節になりスキーも忙しくなったために、自転車はぱったり。
結局2006/4/28に乗り方再開、大洗に。でもいきなりひたち海浜公園近くの信号で止まったら右足のビンディングペダルを外していなかったのにバランスが右側に。後はスローモーション、公道での初コケ。後輪ギアが曲がったのに気が付かず、上り坂で軽いギアに変えられず。変速機がスポークに触ってしまって軽いギアに行かない。さらに4/29に日立で転倒、右膝血みどろ。こりずに4/30金砂庵に蕎麦を食べに、5/3那珂川河川敷、5/21久慈川/里川河川敷サイクリング。ここまでで2006年は約250km。

自転車にはまりました。6/10から毎週末約100kmサイクリングが始まります。そちらはまた別記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

フィットネスPartⅠ

1999年のこと、健康保険組合から半強制的にフィットネスクラブへの入会を促された。
健康診断で体重78kg、体脂肪率33.8%、ウエスト96cm、ま当然と言えば当然。
それまで学生時代を含めて「運動」と言う言葉とはまったく無縁だったのでつらい(涙)

体も硬いし、汗をかくのも嫌い。結局水泳をと思ったが、クロール(と言うより自由形;まるで溺れ泳ぎ)で25mを泳いだらもうだめ。疲労困憊で帰宅。

そこで、30分単位のスクールに入れば最低でも30分は泳げるはずと思い立つ。
何せ、インストラクターのお姉さまたちが素敵!
でも結構厳しかったな。
もうだめと言っても「**さん、まだまだいけるよ!」
やっと覚えたバタフライを1人で練習していたらプールサイドから「ひょっとして溺れているの?」

めげずに頑張り、まったく泳げない人が泳げるようになりタイムも上がっていくとこれがやみつきに!
筋肉もついてくるので、体重も順調に減ってくる。また、筋肉がつくから運動も楽になり長続きもするといった良い方に転がっていく。泳げないときは禁断症状まで(大げさ)。

で、やせるとは何かを考えてみました。単に体重が減ればいいのか?そもそも体重とは何だろう?
3時間も真剣に泳いだら汗で2・3kgは軽くなっている。水分を取れば戻る。
そうです、脂肪を燃焼させてこそ本当にやせたと言える。でも一般の体脂肪率計は体のインピーダンス(電気抵抗)を測って、身長や体重、年齢、性別などの統計データから推定するのみ。からだのインピーダンスはよく変動する。
そこで考えました。究極まで(言いすぎ)汗をかきこれ以上は無理と言うところで常に体重を測定すれば、変動誤差を最少にできるはず。体重変化が大切なので有効桁の多い体重計を選ぶ。同じ体重計で測定する。目標を明確に持つ。人間の弱いところも考慮する。

具体的には、フィットネスクラブにある50g単位の体重計で表示された数値のみを体重と定義しました。
その体重計に乗るのは、これでもかと言うぐらい泳いで、かつサウナで究極まで汗をかいてから乗る。
体重を測ってから水分補給(軽く1L以上)。
目標は毎日-100g。月に3kgなどとすると結局小学生の夏休みの宿題の用になり無理になる。
1999_1 データをExcel(青が目標)でつけて 、目標に達していなければもう一度泳いだり、サウナに入ったり。100gなら100cc汗をかけばいいだけ。でも毎日目標も減っていくのだから、本当に脂肪を燃やしていかないと大変。

食事も気を使いました。
朝はヨーグルトにオリゴ糖、シリアル。いろいろ試しましたがカルビーのフルーツグラノーラに落ち着く。
昼はおにぎり1つ。夕食は豆腐と納豆、かぼちゃ、大根。
私の場合炭水化物は禁物かと。でも午後の活動のために昼食はご飯。また、脂肪を効率よく燃焼させるためには良質なたんぱく質とビタミンミネラルetc.
お腹が空いたとはどこで感じるかを考えました。けしてお腹では感じないはず。頭、そうです脳で感じるはず。お腹が空いた→正しくは血液中の糖の濃度(血糖値)が下がってお腹が空いたと感じる。つまり適度に運動して効率よく体脂肪を燃焼さえれれば体脂肪が血糖に変わりお腹が空いたと感じないはず。
そうです、休日は昼食抜きでず~とプールにいました。結構動いているとお腹空きません。
ただし、脂肪は燃焼し易くしないと燃えてくれなかったりもします。
当時はアミノ酸飲料はあまりなく、唯一VAAMあたり。
私にはこれが合いました。これを飲めばうたい文句どおり運動を長く続けられました。つまり脂肪が燃えやすくなる。
流石Vespa Amino Acid Mixture!
運動前にVAAM、運動中はVAAMウォーターでした。これは今でも続けています。

でも、人間は弱いものそこで対策を2つ。
まず、回りにオーバーなくらいアピールして止められないようにする。「年内に絶対50kg台にする」と言いふらしました。また、毎日の結果を職場でも公開。ちなみに身長は178cm。
次に自分へのご褒美を忘れずに。
週に1度は馬鹿食いの日を決めました。土曜日は何も考えず好きなものを好きなだけ食べる。ただし、土曜日の体重が目標をクリアーしていることが条件。これを楽しみに金曜日までは目標より多めに頑張れる。食べれば当然体重は増えるので日曜からはまた頑張ろうという気が起きる。食べるために頑張る、食べたから頑張る!
人間と言うものは単純だ(私だけかな?)
でも、終盤はなかなか目標に届かない日々が。
何とか年末に59.8kg、年明け(正月で食べても)59.6kgと目標達成。ジーンズも28in.がはけました。

内臓脂肪は健康に悪いけれど比較的落ちやすい(血液が回りやすい内蔵の近くにあるので)、それに比べて皮下脂肪はなかなか落ちない。BMIがいいところまで来ても皮下脂肪はなかなか落ちていない。究極まで落とさないとこれはだめと言うことでここまで頑張りました。
体脂肪もある程度大事。そこから適度に内臓脂肪で戻してちょうどよし。
ただし「適度」だったら。ということで、目標が達成できると人間は弱いと言うことを実感。この続きはまた「フィットネスPartⅡ」で!

でも、副産物として運動音痴なスポーツマンにはなれたので、何より(笑)

注:ここに記載されたものは私が勝手に考えたものです。適切かどうかは?
また、特に上記サウナの入り方は当条秀樹さんが倒れた事件もあり私も止めてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

ボトルホルダー新調

今日は、ボトルホルダーを新調しました。
0405_1  今までは500ml用のペットボトルホルダー1つでしたが、この炎天下ちょっと山道をサイクリングすると水分補給が足りなくなりそうで走行しながら飲めるボトルと共にもう1つボトルホルダーを買ってきました。
ついでにテールライトとベル、Precision spoke wrench SW-0を買ってきました。ちょっと後輪が歪んでいたので。
部分的に片側のみブレーキに触れる。微調整して何とかブレが止まりました。
お店の方に「くれぐれも閉め過ぎないように」と。何とか上手くいきました(笑)

今日は街乗り15kmのみ。でも久々にフィットネスクラブで平泳ぎのレッスンを受けてきたのでバテバテ。
明日、雨でなかったらどこかのCRでも行きたいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビンディングペダルとの格闘

昨年2005年の秋にやっとの思いでビンディングペダルを購入。
02_1 シマノのSPD-SLペダル PD-6610 に SPD-SLシューズ SH-RA80
まずは芝生の上で外す練習を。転ばずに外せていたのですが、左足を外して左足を着くはずが右にバランスを崩す。
え、右足外していないのに。後はスローモーション。不幸なことに右は花壇が。あ、コンクリートの縁に右肘が。血みどろ!

ビンディングペダルを買ったこ とを後悔し、なかなか公道に乗り出せない状態が続きました。
2005年11月にやっと公道デビュー。でも寒いのとスキーシーズンでなかなか乗り出せず。
Photo今年のGWにレーパン購入を機にまじめに乗り出す。→
でも、上り坂で前ギアを落としたらいきなりチェーンが外れてしまった。(すぐに、チェーン・フォール・プロテクターを購入)
踏み込んでいるのにチェーンが、・・・。後続車がなくて命拾いでした。

右膝が血みどろのまま、20kmを走って帰ってきました。
その後も何度か立ちゴケ。宇都宮の駅前歩道で転んだときは、隠れる場所を探しました(笑)

でも走るには最高。疲れ難いし引き足が使えるし、はめるときの「ガチャ!」がたまりません。
100kmサイクリングができるようになったのもビンディングペダルのおかげ。

夢はいろは坂ヒルクライム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝田マラソン

これも、季節外れですが一応書いておこうかなと。
2000年に勝田マラソンの10kmロードレースに初参加。やっと50分を切るタイム、皆速すぎ。
でも、「10kmはマラソンと呼ばない」の先輩の言葉に翌2001年には初フルマラソン完走。
ただし、勝田マラソンならでは。何せ平坦、沿道の声援は涙が出るほど嬉しい、そして極めつけは制限時間が長い。なんと6時間。普通のマラソン大会では完走にならないタイムでした。

声援の凄さは体重に出る。なんと走る前と走った後では、走り終わったときの方が体重が重い。マラソンの最中35kmあたりでなんとトン汁が食べられます。思わず2杯も食べてしまいました。チョコに飴、クッキー、オレンジ、バナナ、etc. 終盤になると飲み物は温かいものなってくる。おまけにゴミ袋の3箇所を切った簡易型ウインドブレーカーまで沿道で配ってくれる。夕方西風の向かい風、この心遣いがなくては完走はできない。食べきれないチョコレートをポケットいっぱいに詰め込まれ、ゴールするのはなんともいえない感激。
ICタグでラップタイムも分かるし、乾燥芋ならぬ完走芋とTシャツを参加賞でいただけます。

2004年に再チャレンジ、何とかグロスでも5時間半を切りましたが、次回は5時間は切りたいなと思いつつ、切れそうもないので2回休み。2007年には何とか4時間台を!

ちなみに参加者が多いので、遅い人はスタートしてからスタート地点になかなか到達しない。そこでタイムはグロスとネット両方記載されます。私の場合2・3分差が有ります(笑)

勝田マラソンは参加すること、いや「トン汁を食べる」ことに意義があると考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泳げない蛙も習えば泳ぐ

体重78kg、体脂肪率33.8%、健康保険組合から半強制的にフィットネスクラブに入らせられる。
健康 運動療法とかのプログラム。1999年夏のことでした。なんと6ヶ月で-18kg脅威のダイエット。
こちらはまた別記事で書くとして、はまったのは水泳でした。

クロールと呼ぶよりは「自由形」、おぼれ泳ぎで何とか25m。泳ぎきったら疲労困憊ですぐに帰宅。
これでは何にもならないと、思い切ってスイミングスクールに。
教えるプロに教わると言うことは凄い。この私が3ヶ月でバタフライ25m泳げるようになるのですから。
一番はまったのは平泳ぎ;ブレストストローク。今でも平泳ぎが好きで、なんとバタフライより速い(バタが遅いだけ)。
翌2000年には県水泳連盟公認の水泳大会で短水路(25mプール)平泳ぎ50mで45.7秒の初公認記録。辰巳国際水泳場で行われたジャパンマスターズでは長水路(50mプール)平泳ぎ50mで44.90秒。翌2001年の千葉国際水泳場での短水路平泳ぎ50mが43.70秒の自己ベスト。それ以来記録が伸びません。
短水路25mフリーは15.22秒、100m個人メドレーは1分39.03秒が自己ベスト。

最近はちょっとサボり気味。泳ぎ方を忘れているかも。体重も増えてきたことだし、少しはまじめに練習しないと。
ドリル練習で嫌いなのが板キック、好きなのはスカーリング。ターンはバック-バックが苦手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームゲレンデは高畑

季節外れのねたですが、カテゴリー作成的に。

それまで1回/シーズン程度のお遊びスキーから、急変。
気まぐれで初めてのスキースクールに入って「目から鱗」状態。
2000年の3月のことでした。
それ以来、平均20日/シーズンの滑走。2004からはシーズン券。
Photo05_2会津高原高畑スキー場」をホームゲレンデにしています。
2004年には5回目の受験で何とかSAJ2級に合格。
フルマラソン完走後の1週間後でした。変な力が抜けて良かったのかも(笑)

2005年には1級に挑戦。これはまだまだ先にありそうと実感。5年計画で合格を目指す。
1シーズンに1回は元デモンストレータの個人レッスンを。

今使っているマテリアルはSALOMON Demo10 3V 168cm、Ellipse 10.0 customfit speedlace 。
下手な割にスピード狂、ヘルメットにゴーグルは欠かさない。

過去行った記憶のあるスキー場は
安比、栗子、天元台、猫魔、グランデコ、アルツ、裏磐梯、猪苗代ミネロ、リステル、安達太良、羽鳥湖、赤面(白河高原)、高畑、Mt.ジーンズ、ハンターMt.、丸沼、岩鞍、天神平、奥利根、谷川温泉ホワイトバレー、水上宝台樹、万座、北志賀竜王、妙高池の平、妙高赤倉、上越国際、石打丸山、野沢、栂池、ブランシュたかやま、かぐら 。

シーズンに入りましたら、スキーねたを書いていこうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

10週連続週末100km

ひょんなことからブログを始めようかと思い立ち筆を執り(いや、キーボードと格闘)。

インターネット歴は3・4年?ここ1・2年でBBSなるものにちょこちょこと書き込みを始め、本日ブログへ。一番のきっかけは「フォーラム@niftyが2007年 3月31日(土)で終了」を知ったことでしょうか。

今までフォーラム@niftyに書いてきたことも、少しずつ残していけたらと思います。

まずは最近の出来事から。

1日の走行距離約100kmのサイクリングを2006/6/10から毎週末続けて10週が経ちました。自転車はロードレーサーMongoose 2004 Cipressa 2005/5/1購入。でもまともに乗り出したのは今年の4月から。

いつも一人で走っていますが、これから少しずつ記事を書いていこうと思います。皆さんよろしくお願い致します。

10週の記録

06.06/10  90.4km 20.4km/h 金砂そばと三太の湯 
06.06/17 100.8km 20.6km/h うららの湯と高萩
06.06/24 115.1km 20.2km/h 鉾田-霞ヶ浦-石岡
06.07/02  90.7km 21.2km/h 岩間-石岡-鹿島線(輪行)-鉾田
06.07/08 120.0km 22.0km/h ツインリンクもてぎと辰ノ口親水公園
06.07/15 130.0km 21.7km/h 鹿島スタジアムと道の駅いたこ
06.07/22 141.9km 22.1km/h つくばリンリンロード
06.07/29 130.0km 20.7km/h 日光(輪行)
06.08/05 100.6km 20.1km/h 大子ブルワリーと森林の温泉
06.08/13 115.8km 21.5km/h 烏山と御前そば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1999年9月 | トップページ | 2006年9月 »