« 回顧録 partⅡ 2006/6/10 西金砂そばと三太の湯 プチヒルクライム | トップページ | 回顧録 partⅣ 2006/6/24 霞ヶ浦湖畔路100kmサイクリング »

2006年8月18日 (金)

回顧録 partⅢ 2006/6/17 鵜来来の湯へ100kmラン

2006/6/17に初めての100kmランをしてきました。6/10のリベンジ的に。
久慈大橋から国道245号線を北上。お魚センターができてから初めて国道245を通りました。
水木-河原子までは海岸線の市道、波が荒く海岸線が霞んでいてなかなか良い気分で走ってきました。
でも思ったより道路の継ぎ目のような段差がちょっと気になりました。
日立駅の東口を過ぎ浜の宮らせん橋から6号日立バイパスを卸売市場に、そこからはなるべく海岸線を市道で川尻の十王川まで。
そこからは6号をちょっと上れば目的地「うららの湯」。


鵜の岬を散策後温泉に。露天風呂からの眺めはなかなかのものでした。疲れてもいたし、サイクリングの途中の温泉にはまりそう。

ということで、眺めの先にあった高萩まで足を伸ばしてみました。そうしないと100kmになりそうもないので。
特急のターミナル駅のはずが、駅は東側も西側も・・・・。ま、そういうものでしょう(笑)

帰路は無難に国道6号を南下。いつも自動車で走るのであまり気になりませんでしたが、結構アップダウンが激しい。
石名坂の下りでちょっとスピードを上げたら車の左側を抜いていく。先の信号で詰まるからかもしれませんが、ちょっとスピードに怖くなってきました。
走っている最中は速度計を見ることができず、「小石がないこように!」と祈るのみ。後で最高速を見て驚き! 72km/hでした(怖)
これ以来、馬鹿みたいにスピードを上げるのを控えています(安全運転義務違反どころか、明らかに最高速度違反??)。

何とか初めての 超100km/日のサイクリングとなりました。

走行距離100.8km、平均速度20.6km/h、最高速度72.0km/h

|

« 回顧録 partⅡ 2006/6/10 西金砂そばと三太の湯 プチヒルクライム | トップページ | 回顧録 partⅣ 2006/6/24 霞ヶ浦湖畔路100kmサイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/11524386

この記事へのトラックバック一覧です: 回顧録 partⅢ 2006/6/17 鵜来来の湯へ100kmラン:

« 回顧録 partⅡ 2006/6/10 西金砂そばと三太の湯 プチヒルクライム | トップページ | 回顧録 partⅣ 2006/6/24 霞ヶ浦湖畔路100kmサイクリング »