« フィットネスPartⅠ | トップページ | 回顧録 partⅡ 2006/6/10 西金砂そばと三太の湯 プチヒルクライム »

2006年8月18日 (金)

回顧録 partⅠ 2005/5/1-2006/5/21

自転車を購入したのは2005/5/1。
所謂ギア付きのサイクリング自転車と思って、5万円程度を考えてサイクルショップへ。
「どんなのがいいですか?」とのお店の方に「ロードレーサー」と応えてしまった。
「ご予算は?」、回りを見ると最低でも十数万。とりあえず5万円とは言えず「10万円程度」と言ったら
Mongoose 2004 Cipressaを12万円で購入することになりました。
「ペダルはどうされますか?」の問いに、「え、ペダル付いていないの??」状態。
「輪ッカが付いているの有りますか?」に対して、「今時はそういうのはもうありませんね、ビンディングペダルと言うのになりますが。でも慣れるまでは普通のがいいですよ」と、結局ノーマルなペダルになりました。
その後、ヘルメット、グラブ、サイクルコンピュータ、レーパン、輪行袋etc. 結局なんだかんだで19万円くらいは使ってしまっているようです。

それでも、自転車と呼んではいけないような軽快な走り。いきなり80km程度走ってきました。自分でも信じられない出来事でした。
ノーマルペダル時期には、約300km程度走ったようです。

2005/10/16にビンディングペダルとシューズを購入。サイクルショップに行くまでは「シマノのHPを見て、PD-A520かPD-M545とSH-T071 と思っていました」が、結局PSD-SLのPD-6610とSH-RA80を勧められるままに。メーカー希望小売価格(税込) 9,030円+8,820円→8127+7938=16065円でした。

でもここから、自転車を乗れない日々が続きました。怖くて公道に出られない(涙)
2005/11/19にやっと公道デビューとなりました。ギアを落とさなくても加速できる。引き足が使えるのってこんなに凄いんだ。
でも、止まるときはいつもひやひやもの。

これからバリバリ乗るかと思いきや、ずいぶんと寒い季節になりスキーも忙しくなったために、自転車はぱったり。
結局2006/4/28に乗り方再開、大洗に。でもいきなりひたち海浜公園近くの信号で止まったら右足のビンディングペダルを外していなかったのにバランスが右側に。後はスローモーション、公道での初コケ。後輪ギアが曲がったのに気が付かず、上り坂で軽いギアに変えられず。変速機がスポークに触ってしまって軽いギアに行かない。さらに4/29に日立で転倒、右膝血みどろ。こりずに4/30金砂庵に蕎麦を食べに、5/3那珂川河川敷、5/21久慈川/里川河川敷サイクリング。ここまでで2006年は約250km。

自転車にはまりました。6/10から毎週末約100kmサイクリングが始まります。そちらはまた別記事で。

|

« フィットネスPartⅠ | トップページ | 回顧録 partⅡ 2006/6/10 西金砂そばと三太の湯 プチヒルクライム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186576/11496070

この記事へのトラックバック一覧です: 回顧録 partⅠ 2005/5/1-2006/5/21:

« フィットネスPartⅠ | トップページ | 回顧録 partⅡ 2006/6/10 西金砂そばと三太の湯 プチヒルクライム »